最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アートは、心や社会を豊かにするために、必要不可欠な広告だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘れ去られてしまうことも、アートであれば長く、深く人々の心に残ることになるのだ。

そう力説しているのが「School of Life」のこの動画。最後まで見ると、歴史の中で、多くのアートが人々に気づきを与えてくれたのが理解できる。

アート史にみる
広告としての役割



2007年、イギリスの画家であるDavid Hockneyは、大きな木を描いた作品を通じて、木の大切さを訴えた。そこには、高価な商品や購入可能な商品は介在しないが、広告の手法を使って大切なメッセージを人々に届けたのだ。


Image byThe School of Life

過去に遡ると、草むら、空の絵を通じて自然の大切さを訴えたアーティストもいる。ドイツの画家であるAlbrecht Dürerやデンマークの画家であるChristen Kobkeだ。自然の姿を描くことでダイレクトに人々にメッセージするのは、広告そのものだとも言える。


Image byThe School of Life


Image byThe School of Life

また、子どもと母親の絵を描いて、親子で時間を過ごすことの大切さを訴えたアーティストもいる。それは、アメリカの画家であるMary Cassattだ。それは、多くの人々の心を捉えた好例として語り継がれている。


Image byThe School of Life

Consider Chardinの「お茶を飲む女性」という作品では、市場で当時購入できた商品が登場していて、広義の意味での宣伝をしている。絵の中で描かれているドレス、ティーポット、椅子、スプーン、ティーカップは、ライフスタイルの提案ともいう側面を持っている。同時に、ゆっくりとお茶を楽しむことで、生活に余裕を持つことの大切さを伝えている。


Image byThe School of Life

つまり、アートとは、心や社会を豊かにするために、必要不可欠な広告なのである。



Licensed material used with permission by The School of Life


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス