最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

知っておくべき「ターメリックの本当のところ」 その効能と欠点を専門家が分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ターメリックは、最近メディアで引っ張りだこ。スーパーフードとして人気沸騰しています。いまや、この古代のスパイスはカレーに代表されるインド料理から飛び出し、スープ、スムージーや果てはラテにまで進出しているのです。

イギリスの日刊紙「メトロ」の特集によると、スターバックスが英国でターメリック・ラテトレンドを試してみたところ大人気に。実際、この動きはもっと前から、アメリカのローカルコーヒーショップでも『黄色いラテ人気』が起こり、ロサンゼルス、ニューヨークや他の都市に飛び火したという背景があるそう。

ヘルスコンシャスな人がターメリックに着目した理由

ターメリック人気のそもそもの発端は、ヘルスコンシャスな消費者が、ターメリックの研究結果やその効能に目をつけたから。

ターメリックに、炎症を抑える効能があることがわかったのです。プレシジョンニュートリションのパフォーマンス栄養学ディレクター、ブライアン・セント・ピエール(理系修士、栄養士、認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)によると、400~500mgのクルクミン(抗酸化物質。ターメリックの黄色成分でもある)は、2,000mgのアセトアミノフェン<解熱鎮痛薬「タイレノール(R)」>と同程度の鎮痛作用があると研究で明らかになったから。

加えて、アメリカがん学会によると、男性にとって最も身近ながん、前立腺がんに対して、クルクミンが予防効果を示したというドイツの研究結果があります。また、メリーランド大学医療センターによると、あるい研究では、ターメリックに心疾患、他の種類のがんの予防効果、バクテリアやウイルスを殺す作用もあると示されています。

ターメリックの効能に過大な期待は禁物

確かに素晴らしい研究結果です。でも興奮する前に細かい但し書きもあるのです。素晴らしい効能を示した研究なのですが、いずれも濃縮されたクルクミンの消費を前提としています。つまり飲み物や夕食に振りかけるくらいでは足りないのです。2006年出版の「栄養学とがん」によると、クルクミンが占めるのは、5mgの乾燥した純粋なターメリックの中の3%程度にすぎません。

「スモールチェンジダイエット(Small Change Diet)」の著者で栄養士のケリー・ガンスはこう語っています。

「新しいスパイスに挑戦するのは良いことです。でも普通使うのはせいぜいひとつまみのターメリック。これらの研究では濃縮された成分が使われており、普段取っている方法とは違うのです」

「加えて、ラテの成分にもよります。加えた砂糖と飲み物のカロリーでターメリックの効能は簡単に打ち消されてしまうでしょう。甘い飲み物が好きで砂糖を足すのが好きならなおさらです」

また、ガンスは、こうも言っています。

「いいことずくめだと聞いても、ちょっと立ち止まって考えて。食べ物でもスパイスでもハーブでもそれだけ摂ればハッピーエンドとはいかないもの。バランスのとれた食事にはかないません」

結論:サプリメントなども考えて
もし、その風味が好きならターメリックを使うのは何も問題ありません。焼き野菜や卵、その他香りの良い料理に素敵なアクセントになるはず。ただし、一振りしたくらいで健康に多大なメリットがあるとは思いこまない方が良いでしょう。オリーブオイルやケール、アボガドなど他のヘルシー食材もそうです。健康の悩みを劇的に解決する近道ではないのです。

どうしてもターメリックからメリットを得たいなら、食事で使うよりももっと濃縮した形で摂取する必要があります。ブライアン・セント・ピエールさんによると、推奨されているのは、1日に500mgの摂取で、サプリメントの助けも必要になります。どんな処方でもそうですが、最初に医師に相談した方が良いでしょう。

ガンスによると、心疾患、糖尿病、がんをもたらす炎症をなんとかしたいなら、サケやマグロなど脂肪分豊富な魚を摂取するべきとのこと。オメガ3脂肪酸の抗炎症作用が圧倒的との研究があります。あなたの健康を守るには「根拠のある方法」に賭けた方が賢明です。

ALISA HRUSTIC FOR MENSHEALTH.COM / Is Turmeric Actually Good For You? Here's What You Need To Know
訳/ STELLA MEDIX Ltd.


外部リンク(マイロハス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス