最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

岡田将生、鈴木おさむの“ヤラセ”話に憤慨「何だこの業界は!」 ドラマ「名刺ゲーム」完成披露試写会3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岡田将生さんが11月30日、東京都内で行われたWOWOWの連続ドラマ「名刺ゲーム」の完成披露試写会に、原作を手掛ける放送作家・鈴木おさむさんと登場。エンタメ業界の裏側を描いた同名小説の実写化で、鈴木さんから実際にあったとある番組での“ヤラセ”話を聞いたという岡田さんは「見ていた番組なので、すごいショックでした……」と明かし、「何だこの業界は!」と憤慨した。

また岡田さんは原作や完成したドラマの感想を聞かれると「バラエティーの世界って怖いんだな。これが人気番組の裏側って思うと、見る気がなくなるっていうくらいリアリティーがある」とコメント。劇中と同じように実際の番組でもケータリングを請け負う業者が簡単に契約を切られてしまうことがあるという話を聞かされると、岡田さんは「弁当屋さん、大変ですね」と本気で同情し、純粋な面をのぞかせていた。

ドラマは、堤真一さんが主演。大量の名刺が散乱した地下のボイラー室で目を覚ました神田(堤さん)は、自分の娘・美奈(大友花恋さん)の命を救うため、「謎の男X」(岡田さん)が持ち掛けた“名刺ゲーム”に挑むが、そこには驚くべき秘密が隠されていて……というストーリーが展開する。落合モトキさん、柳ゆり菜さん、河井青葉さん、夏菜さん、田口トモロヲさんも出演。WOWOWプライムで12月2日から毎週土曜午後10時に放送。全4話で第1話は無料放送される。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス