最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大学生用語まとめ20選! 現役大学生がよく言う用語・略語は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


学生生活から離れるとわからなくなるものといえば、若い世代同士がよく使う「若者言葉」ですよね。街中でふと若者の会話を聞いたり、テレビで流行語を耳にしたりするたび、「いったいどういう意味なの?」「私も歳を取ったな…」と遠い目をしてしまう人も多いのではないでしょうか。また、同じ大学生でもあまりそういった情報に触れない人なら、会話にこれらの用語が出てきて戸惑うことがあるかもしれません。
「若者言葉がわからなくても生活に支障はないけど、言葉の意味は気になってしまう……」今回はそんな方のために、現役大学生が「友達との会話やSNSでよく使う用語」「大学生活で必ず使う、大学生活特有の用語」について聞いてみました。

■大学生が友達との会話やSNSへの投稿などでよく利用する用語10選



1位 それな 376名(37.4%)
2位 ワンチャン 298名 29.6%
3位 ガチ勢(がちぜい) 242名 24.1%
4位 ぼっち 212名 21.1%
5位 りょ 209名 20.8%
6位 詰んだ 188名 18.7%
7位 じわる 175名 17.4%
8位 あーね 166名 16.5%
9位 ゆーて 161名 16.0%
10位 萎える、がんなえ 147名 14.6%

第1位にランクインしたのは、「それな」でした。一般的な言葉に訳すと、「そうだね」「わかる」というニュアンスで、「俺は○○だと思うんだよね」「それな!」と使われるケースが多いようです。第2位は若者言葉としてよく知られる「ワンチャン」。可能性は低いがチャンスはある、と伝えたい時に使われます。

第3位は「ガチ勢」。もともとは大学生用語というよりは、ゲームを趣味にしているゲーマーの人たちが使っていた言葉で、主にゲームを本気(ガチ)でやっている人を指して使われていました。ちなみに、ガチ勢の対義語は「エンジョイ勢」で、極めることよりも楽しむことに重点をおいている人たちを指すのだとか。今ではゲーム意外にも幅広い事柄に対して、本気な人を「〇〇ガチ勢」と使っている場合が多いようです。

どちらも言い方によっては相手の気合いやスタンスを茶化すことになるため、使いどころには注意が必要といえそうです。

■「それな」「あーね」など相づちは短いものが人気

ランキング上位に多く入っているのが、簡単に気持ちを伝えられる「相づち」系の言葉です。具体的に挙げると、第1位の「それな」、第5位「りょ(了解)」、第8位「あーね(あーそうだね)」はまさに相づちの言葉。

現役大学生のコメントによると、「それな、あーね、は相槌としてとても便利(男性/20歳/大学3年生)」「『~よろしくー!』っていわれら『りょ!』ってなるし、すぐ共感すると『それな!』ってなる(女性/18歳/大学1年生)」のだとか。大人からしてみると「なぜわざわざ略すの?」と思いがちですが、「略すほどではないけど、周りもみんな使っているので(男性/20歳/大学3年生)」というコメントにもあるように、仲間のノリにあわせて使っている学生も多いようです。

その他、10位外には「やばみ/つらみ/ねむみ/わかりみ」「こマ?(これマジ?)」など、ネット特有のスラングもランク入りしています。ただ、ネットで使う言葉を現実でも使うと引かれることも多いため、「相手を選んで使う」という意見も見受けられました。

上記を見てわかるように、若者の日常会話でよく使われる用語は比較的移ろいやすいようです。では、学生生活の中で使われるワードにも大きな変化があるのでしょうか?
「新入生が知っておくべきだと思う、大学生活でよく利用する大学ならではの用語」についてもアンケートを実施してみました。

■新入生が知っておくべきだと思う、大学生活でよく利用する用語ベスト10



1位 レジュメ 116名 11.5%
2位 シラバス 112名 11.1%
3位 フル単 104名 10.3%
4位 楽単 80名 8%
5位 再履 65名 6.5%
6位 自主休講 65名 6.5%
7位 カリキュラム 54名 5.4%
8位 オール 48名 4.8%
9位 宅飲み 46名 4.6%
10位 飲みサー 45名 4.5%

「新入生が知っておくべきだと思う、大学生活でよく利用する大学ならではの用語」ランキング第1位は、「レジュメ」でした。もとはフランス語で「要約」を表す言葉ですが、大学では「プリント」の意味で使われることも多いです。その他、移り変わりの早い若者言葉と比べて、社会人でも聞いたことがあるワードが多くランクインする結果となっています。ランキング結果について、さらに詳しく見てみましょう。

■大学生活でよく使われるワードを深堀りしてみよう

第2位の「シラバス」は、講義のスケジュールなどがまとめられた計画書のこと。大学に入るまではなかなか聞かない用語であることもあり、大学のオリエンテーションではじめて聞いて驚いたという意見も寄せられています。

第3位の「フル単」は1年間で取得できる単位をすべて取る「フル単位」の略です。「成績発表の際に『よっしゃーフル単だー』と使っている(男性/21歳/大学4年生)」など、学生同士での会話にもよく登場するようです。第3位にランクインしている「楽単」も、第2位と同じく単位に関する用語で、「楽に単位が取れる」という意味で使われます。「楽単を覚えておくと、先輩に楽に単位を取れる授業がどれなのかを聞くときに便利(女性/20歳/大学3年生)」なのだとか。そのほか、10位以下には社会人にとっても懐かしい「代返」がランク入り。学生の発想は今も昔も変わらないのかもしれません。
■大学生特有の言葉はまだまだたくさんある!

ポイント1 大学生が友達との会話などでよく利用する用語は「それな」
ポイント2 大学生活でよく利用する用語1位は「レジュメ」



大学生が友達との会話でよく使う用語や、大学生活でよく使われやすいワードについてご紹介しました。しかし、これはあくまで若者言葉の一部。たとえばランク入りした「りょ(了解)」には、さらに短く略された「り」という用語もあるのだとか。また、OKの略として「k」を使う人もいるそうです。まだまだたくさんの若者言葉がありそうですね。気になる人はSNSや街中の学生が使っている言葉に、意識的に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年10月
調査人数:大学生男女1006人(男性504人、女性502人)

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス