最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

吉岡里帆新ドラマ『きみが心に棲みついた』、石橋杏奈&ムロツヨシら追加キャスト発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 吉岡里帆が連ドラ初主演を務める1月スタートの新ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS)に、すでに発表されている桐谷健太と向井理に加えて、石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香が出演することが明らかになった。

【関連】「吉岡里帆」フォトギャラリー

天堂きりんによるコミック『きみが心に棲みついた』『きみが心に棲みついたS』(祥伝社フィールコミックス)を実写化する本作は、自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう“キョドコ”こと小川今日子(吉岡)が、漫画編集者で誰に対しても厳しいが実は優しく誠実な吉崎幸次郎(桐谷)と、大学時代の先輩で、一見爽やかなイケメンに見えるも裏の顔があり、キョドコに度を越えた冷酷な命令を下していた星名漣(向井)の間で揺れ動く姿を描くラブストーリー。

吉崎との恋愛で前向きな自分に変わろうとするも、引き戻そうとする星名の“魔の手”に抗えない今日子を巡る恋愛要素が本作の大きな魅力だが、今日子が真摯に仕事に取り組む様も見どころの一つ。ランジェリーメーカーで下着に使われる材料を調達・選別する部署で働く彼女は、普段はオドオドとしてしまうものの、生地などの素材を目の前にすると人が変わったようにきびきびと動き始める。

今回発表されたキャストは、そんな彼女の同僚である役柄が多い。石橋が演じるのは、同じ材料課に在籍し、社内での評価が今日子より高い同期社員・飯田彩香。ムロは、漫画編集者である吉崎が担当する漫画家で、自身の漫画に活かすため今日子の会社へ取材に訪れることもあるユーモラスな人物・スズキ次郎にふんする。一方の鈴木は、デザイナーとしての能力が高く、関西弁で厳しい意見を言う八木泉役を担当し、瀬戸は八木の同期でデザイナーとしてのライバルでもあり、今日子の能力を認めてかわいがる姉御肌の先輩・堀田麻衣子を演じる。4人は、仕事面だけではなく、星名にアプローチをかけるなど、今日子の複雑な三角関係をさらにかき乱すことになる。

新ドラマ『きみが心に棲みついた』は、TBS系にて2018年1月より毎週火曜22時放送。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス