最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

停職処分になった『ARROW』『THE FLASH』クリエイター、セクハラ疑惑で解雇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米CWの『ARROW/アロー』、『THE FLASH/フラッシュ』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『SUPERGIRL/スーパーガール』で、クリエイターを務めるアンドリュー・クライスバーグにセクハラ疑惑が浮上したとのニュースは、当サイトでもお伝えした通り。その後、停職処分になっていた彼が、最終的に解雇されたことが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】「今の世界のリアル」を届ける。TV界の革命家グレッグ・バーランティ

11月10日にクライスバーグは、『THE FLASH』の製作スタート当初から、若い女性脚本家に対して不適切な行為を行っていたとのセクハラ疑惑で停職処分に。間もなく、クライスバーグと共同クリエイターを務めていたグレッグ・バーランティと、ワーナー・ブラザース・テレビジョンがキャスト&スタッフと話をしたところ、19名の男女がクライスバーグにセクハラを受けたり、不適切な行為を目撃していたことが判明。その一連の調査の結果、直ちに彼の解雇が決定したと伝えられている。

クライスバーグの解雇を受け、当面の間はバーランティが全シリーズの監修を務めることになるが、『THE FLASH』は製作総指揮・共同クリエイターのトッド・ヘルビング、『SUPERGIRL』は製作総指揮・共同クリエイターのロバート・ロヴナー&ジェシカ・クエラーが、全面的に作品を任されることになるようだ。

クライスバーグが停職処分になった際、『ARROW』で主役を務めるスティーヴン・アメルが、SNSに投稿した動画で被害者を支援するコメントを発表している。

ハリウッドの大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラスキャンダルが大々的に報じられて以来、業界の重鎮たちのセクハラ疑惑件数が雪だるま式に膨れ上がっているため、一刻も早く状況が改善されることを願うばかりだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:グラント・ガスティン&スティーヴン・アメル
(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & (C) DC Comics.


外部リンク(海外ドラマNAVI)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス