最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ZIGGY森重樹一 “作られたカッコいい歌”と向き合い「皆はそれを聴きたいのかな?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メジャーデビュー30周年となるZIGGYの森重樹一が、テレビ神奈川の音楽情報バラエティ番組『関内デビル』のウィークリーゲストとして11月20日~24日まで出演した。マスターの大場英治(菊谷宏樹)とは出身が国立と三鷹で近いことから話が弾み、森重もアンケートの回答をもとに食生活から音楽へのこだわりなど様々なトークを繰り広げた。

YouTubeで展開している動画企画『ZIGGY森重樹一の11の挑戦!』では「そば打ち体験」「ボルダリング」など未経験なことにチャレンジしている。森重は現在54歳となるが「自分のテリトリーの中だけでやっていくことは、あまり良いことじゃない」と感じつつやっているという。

バンドでメジャーデビューして30年を振り返り「自分ができることに特化したことをやってきた。レコーディングでも俺の歌の一番いいとこをつないだもので、捨てられていったカッコ悪いところに本質的なものがあるかもしれない。虚構を売ってきたんだよ」と大胆に分析する。

現在ツアー中の彼は「ライブに来てもらいたいのはその日にしかないいい歌があるから」という。レコーディングや映像作品でカッコいいものを見せようとすればテクノロジーでできるが「でも、それを聴きたいのかなみんな?」と疑問を投げかけた。

今は「そういうことと向き合い始めている」という森重、「そば打ち」や「ボルダリング」へのチャレンジは殻を打ち破る気持ちを象徴しているようだ。

他にも健康を考えて「ヨーグルト、ミックスナッツ、はちみつ、フルーツ」を好んで食べ、「心と体と歌はリンクしている。俺の心が病んでいたらやっぱり病んだ歌しか歌えない」「心が健康なら体も健康になり、気持ちのいい前向きな歌が歌える」といった話など興味深いものがあった。

ZIGGYを結成してから33年「このバンドの正解が過去にあるとは絶対に思いたくない!」「正解はこの先にあると思わないと多分、続けられないね」との言葉に、デビルファミリーのダンスチームJ☆Dee’Zも「かっこいい~」と涙ぐんでいた。

森重樹一はそうしたトークの後で「でまかせだよ」と微笑むが、照れ隠しだろう。普段から広く深く思考を巡らさねばその場でできるような発想ではない。

11月2日に新横浜から始まった『ZIGGY TOUR 2017』は12月3日の函館へと続き、梅田、名古屋、博多、沖縄で千秋楽となる。すでに『2018年春ツアー』6公演も決定しており「さらに最高のZIGGY」を見せてくれそうだ。

画像は『tvk「関内デビル」 2017年11月24日付Twitter「今日はデビルファミリーのJ☆Dee’Zの3人がご来店!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス