最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

娘をレイプした男に挑発された、被害者の母親 その後の展開に考えさせられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
2005年、スペインでとある殺人事件が起こりました。

亡くなったのは、アントニオ・コスメ・ベラスコ・ソリアノ氏、69歳の男性です。彼は、『とある女性の母親』に殺害されました。

アントニオ氏にガソリンをかけ、マッチで炎を起こした『母親』。彼女の行動には、理由があったのです。

13歳の娘をレイプした犯人に再会し、母親が報復

1998年のこと。当時62歳だったアントニオ氏は、道を歩いていた13歳の少女を刃物で脅し、性的暴行を加えました。

事件後、逮捕されたアントニオ氏は有罪判決を受け、刑務所で服役することになりました。

そして2005年、数日間だけ仮釈放されることになり、故郷に戻っていたアントニオ氏。そして、性的暴行を加えた少女の母親に再会したのです。

娘が被害に遭ったショックで、ずっと精神を患っていた母親。そんな彼女に対し、アントニオ氏はこういいました。

※写真はイメージ

「おい、娘の調子はどうだ!」

信じられないことに、アントニオ氏は母親を挑発するように、そうあざ笑ったのです。

まったく反省の色が見られないアントニオ氏の態度に、きっと母親は怒りや不安、悲しみといった多くの感情を抱いたことでしょう。

何より、母親はこう思ったはずです。「こいつが、また娘に危害を加えたらどうしよう」…と。

母親はバーで酒を飲んでいたアントニオ氏にガソリンをかけ、マッチで火を付けました。

その晩、母親は警察に連行。後にアントニオ氏は、その際に追ったやけどや傷が原因で後に死亡しました。

※写真はイメージ

「ブラボー!」

数日後、裁判所に出廷した母親を迎えたのは、街の人たちの歓声でした。

裁判の結果、殺害に至る経緯を考慮した上で、母親は懲役を科されることになったのです。

2017年12月、母親が仮釈放されることに

時は流れ、2017年。監視用のブレスレットを着用した上で、母親は数週間だけ仮釈放されることになりました。

スペインの新聞『エル・パイス』によると、数日間様子を見て行動に問題がなければ、母親はクリスマスを家族と共に過ごせるそうです。

この仮釈放は、多くの人から集まった署名や23もの支援団体の働きによって、認められたのだといいます。

母親の行動に、賛否両論

この出来事に対し、「よくやった!スカッとした」「いくら相手が悪いことをしても、殺人はいけない」と、世界中から多数の意見が上がりました。

日本でも話題になり、ネットではさまざまな声が上がっています。

・よくやった!娘を想う母親として、当然の行為だと思う。また娘に危害を与えられたら…って思うと怖いよ。

・確かに殺人はよくない。でも、もし自分の家族が同じ目に遭ったら、きっと自分もこの母親と同じことをする。

・いくら相手が悪いことをしても、殺人は駄目でしょ。法治国家なんだから。

・母親を責める人は偽善者なのでは?自分の身に起こっても、同じことをいえるの?

・母親の行動は『正義』ではない。称賛するのは違和感がある。

・もしこれが日本の事件だったら、母親を叩く声が多くなる気がする…。

もちろん殺人は許されざる行為ですが、大切な娘を傷つけられた怒りも、痛いほど分かります。

世界各国で私刑が禁止されている以上、母親の行動は手放しで称賛できる行動ではないかもしれません。ですが、今年は愛する娘と一緒にクリスマスを過ごしてほしいものです。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス