最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬、ピコ太郎姿でコント披露 西川貴教は“扇風機”で熱唱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬が、1日に都内で行われたAct Against AIDS 2017「THE VARIETY 25」に出演。岸谷・寺脇・三浦は、ピコ太郎とのコラボレーションでコントを交えた『PPAP』を披露したほか、花澤香菜や柚希礼音と名曲を熱唱して会場を盛り上げた。

【関連】Act Against AIDS 2017「THE VARIETY 25」の様子

Act Against AIDSは、岸谷の呼びかけで93年にスタートしたAIDSへの関心を広めるためのチャリティイベント。公演前の囲み取材で岸谷は「26年目25回目のACT AGAINST AIDSです。本当にチャリティというものは、何が大変かというと、続けることです。続けられるというのは、一番大事なことだなと思っています」としみじみ。また「目に見えるチャリティをやっていこうということで、きちんとした寄付をして、ラオスに小児病棟が建ちました。今そこで、エイズと戦う子供たちの命を救うことができています」と活動の成果を報告した。

9月上旬にラオスの施設を訪れた三浦は「現地スタッフ、そして患者として病院に集まってくる子供たちの笑顔を目の当たりにしているので、少しでも現地で働いている皆さんの思いを、今日集まって来てくださるお客様に、イベント、コンサートで楽しんでいただくとともに、彼らの頑張りを少しでも広められたら」と発言。一方、寺脇は「いつも言うんですけど、チャリティはできることをできる範囲で、できるだけやる」としたうえで、「それが本当に一部ですけども、子供たちの命を救えるということで。できる範囲でやっていきたいと、これからも思っています」と笑顔で活動の継続を宣言した。

公演では、岸谷、寺脇、三浦が、ピコ太郎とコラボして刑事コントを交えながら『PPAP』を披露したほか、花澤香菜と柚希礼音も出演し、岸谷・寺脇とともに、名曲『WINDING ROAD』(絢香×コブクロ)を熱唱。西川貴教は『WHITE BREATH』や『HOT LIMIT』を熱唱し、岸谷・寺脇・三浦は扇風機で風を送って会場を沸かせていた。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス