最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

カズレーザー 弟子入り志願者ドッキリに驚愕の神対応! 1年間におよぶ感動の展開に 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月1日の「金曜★ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)では、「ウラでこんな事やってました2017」が行われ、カズレーザー(メイプル超合金)に弟子入りのドッキリを仕掛け、その弟子と過ごした1年間の長期密着ドキュメントが放送された。

まず事務所から出てきたカズレーザーに、お笑い芸人を目指す若者がいきなり「僕を弟子にして下さい!!」と弟子入りを志願。ここで普通は断ると思いきや、カズレーザーは「じゃあ、どうぞ!!」と事務所へ招き入れ、即OK。雑用もやると言う志願者に「戦後の歴代総理をまとめて欲しい」と出会って3分でお願いし、その日の夜にはカズレーザーから飲みの誘いが入るほどの本気ぶり。

また別の飲み会では、売れるために何が必要かを弟子が聞いたところ、「ネタを書くのが一番売れやすい」と言い、弟子から「僕らくらい若手の時っどれくらいのペースで書かれてました?」と質問が入ると、カズレーザーは「ネタは毎日書いてました。使ってないネタだったら、絶対1000本はある」と答えた。

さらに「毎日1本は書く?」の質問には「形になんなくても3~4分くらいおネタは書かなきゃダメだと思う。俺ら効率悪い漫才だし、このツッコミ、なつさん絶対ムリだなとか、このボケわかってくんないなとかあるから、出来ない漫才なんか山ほどある」と自身を引き合いに出して説明。

弟子がM-1用のネタ相談として、自身のネタを動画で撮影しカズレーザーに送信。すると収録先で真剣な眼差しで、身振り手振りを交えてこのネタを何度もチェック。見終わるとノートパソコンでネタを書き起こし、細かなアドバイスを送っていた、

残念ながらM-1は2回戦で敗退となり、結果報告にやってきた弟子に、報告より早く「ダメだったんでしょ」と言い、ホームページで先にチェックして知っていたことを明かす。「申し訳ないです。アドバイス頂いたのに」と言う弟子に対し、「とんでもないです。力になれなくてすみませんでした」とカズレーザーは深々と頭を下げた。

最後はこの長期ロケの締めとして、初めは仕掛け人で参加した弟子だったが、この仕掛け人を忘れて、本当に純粋にカズレーザーのことをどう思ってるかを聞いた。

すると、「正直、本当、もしこの企画が終わると言うか、ひと段落ついても、今みたいな関係で入られたらイイなと思っています」と答え、「今スゴくためになる事とか、勉強できることが多いので、企画が終わったからスパンと終わりっていうのは、イヤだなと思います」と、もはや仕掛け人ではなく、本当の弟子として接していることを告白。

スタジオでドッキリであることを明かされたカズレーザーも「別に本当、今の関係でいいなら僕、何の負担も無いし、仲の良い後輩が1人いるだけの話です」と、今後も師弟関係が続いていくことを快諾して番組を締めくくった。

次回の放送は12月15日(金)夜7時より「3時間SP豪華2本立て!!」を予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129804/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス