最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「不倫叩きは下品」発言の元NMB48・須藤凜々花 薄っぺらい“哲学キャラ&炎上商法”は、すでに限界か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベントで突然の結婚宣言をし、NMB48を卒業した須藤凜々花(21)。11月26日放送の『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)では、山尾志桜里衆院議員の不倫疑惑に対し、「不倫を下品だと叩くことのほうが下品」とコメントし、ネット上で話題となった。

「須藤の言い分としては『国会議員が恋愛してもいいじゃないか』というもの。さらに、『女性にだって性欲はある』として、山尾議員の不倫疑惑を擁護した形です。恋愛禁止をうたっているNMB48のメンバーであるにもかかわらず、彼氏を作って結婚宣言をした須藤らしい発言ですが、AKB48グループのファンとしては『何を開き直っているんだ』という感覚でしょう」(アイドルに詳しいフリーライター)

現在、バラエティー番組を中心に活動している須藤。彼女に求められるのはいわゆる“ぶっちゃけトーク”だ。

「バラエティー番組のスタッフが“元アイドル”をキャスティングする時、大抵の場合がアイドル時代の裏話や恋愛事情の暴露トークを期待しています。須藤は、結婚宣言という前代未聞の騒動を起こして辞めているので、過激な話が求められるのもなおのことです。今のところは、まだまだ暴露ネタも尽きていないようで、須藤に対する需要もあると思います」(テレビ局関係者)

ニーチェを尊敬しているという須藤は、社会学者の堀内進之介氏との共著『人生を危険にさらせ!』(幻冬舎)を出版するなど、“哲学キャラ”でも知られている。しかし、バラエティーの世界では、このキャラは邪魔になっているという。別のテレビ局関係者は、こう話す。

「哲学キャラといっても、しっかり大学で学んだわけでもなく、はっきり言って中身はあまりないというのが、業界内での評価です。そのキャラを前面に出してしまうと、底が浅いことが一気にバレてしまう。山尾議員に対するコメントだって、特に膝を打つようなものではなく、誰でも思いつくようなものだし、だからこそ、ネットでも叩かれたわけです。むしろ、自由奔放なおバカキャラくらいのほうが、テレビ的には使いやすいんですがねえ」

そんな須藤のタレントとしての未来はどうなのだろうか?

「今の段階ではまだ物珍しさもありますし、炎上狙いでキャスティングする番組もあると思います。ただ、結局のところ“結婚宣言”以外にイジるところもなく、このままだと早い段階で限界がくることは目に見えている。薄っぺらい哲学キャラで生き残れるほど甘くはないので、これからどうにかしてバラエティーの世界での定位置を探し出すしかないでしょうね」(同)

ちなみに、現時点ではまだ結婚していない須藤。来春頃には結婚する予定とのことだが、それまでタレント生命が持つのか……少々心配だ。

外部リンク(日刊サイゾー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス