最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「小橋さんは僕のアイドル」 棚橋が受け継ぐ“小橋イズム”とは?――小橋建太の青春おすそわけ#14<棚橋弘至vol.1>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


新日本プロレス・棚橋弘至――。紛れもなく、現在の日本のプロレス界のエースである。総合格闘技ブームで人気が落ち込んだプロレスを、彼が盛り上げた。ブーイングを受けながらも自身のスタイルを貫き、時代を変えた。そんな棚橋がプロレスに魅了されるきっかけとなったのが、小橋健太だった。新日本プロレスと全日本プロレス。団体の枠を超えて、棚橋が受け継いだ“小橋イズム”とはなにか?

棚橋弘至(以下、棚橋):今日は呼んでいただき、ありがとうございます。

小橋建太(以下、小橋):こちらこそありがとう。棚橋君は昔から、感謝の気持ちを常に持ってるんだよね。だから人気がある。「疲れたことがない」っていうのは、いまも変わらない?

棚橋:変わらないです。言い続けてます。

小橋:練習できることに感謝して、試合できることに感謝して、ファンのみんなにも感謝して。そういう思いから「疲れない」っていう言葉が出てくるんだと思うよ。

棚橋:これは小橋さんイズムですよ。小橋さんはビッグマッチで勝ったときに、「ファンのみなさんのお陰で勝てました」って必ず言ってましたよね。表現は違えど、感謝する気持ちが大事だというのは小橋さんから学びました。僕は小橋さんのファンなので。

――先月、『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』(柳澤健/文藝春秋)というノンフィクションが出版されましたが、冒頭に小橋さんの話が出てきますね。

棚橋:僕がプロレスファンになったきっかけは、小橋さんなんです。小橋さんは僕のアイドルです。

小橋:昔からずっとそう言ってくれてて、嬉しいんだけど、恥ずかしい(笑)。

棚橋:最初に衝撃を受けたのは、高校2年生のときに見たスティーブ・ウィリアムス戦(※愛知県豊橋市総合体育館)。まず、見た目がカッコいい。体がデカい。こういう人もプロレスラーの中にいるんだっていう衝撃があって。それに、「あ、負けた!」と思っても、そこからの粘りがすごいんです。僕らファンの想像を超えてきてくれたんですね。ゾクゾクっと鳥肌が立って、一気に恋に落ちました。

小橋:嬉しいなあ。

棚橋:小橋さんはそのときもう四天王の一人だったんですけど、三沢さん、川田さん、田上さんと比べて、当時はちょっと突き抜けられないところがあったと思うんですよね。そういうシチュエーションも良かったんですよ。自分が応援している選手がどんどんプロレス界の中で格が上がっていくのが、自分のことのように嬉しくて。必死に応援してました。

小橋:棚橋君みたいに、トップになっても言い続けてくれるのは嬉しいよね。普通はトップになったら言わなくなるじゃない? 恥ずかしいけど、本当にアイドルだと思ってくれてるんだと思う。俺も棚橋君、好きだしね。

棚橋:やっと両想いになれました(笑)。

小橋:棚橋君の名前はいろんなところで出てくるんだけど、そのたびに「彼は本当にいい奴だよ」って言ってるよ。

棚橋:ありがとうございます。小橋さんというフィルターを通して言われると、言葉の重みが違います。

小橋:試合は激しく、ファンのみんなには優しく。俺のDNAを実践してくれてると思う。

棚橋:小橋さんの名前はライバル団体(※全日本プロレス)なので出しにくかったんですよ(笑)。けど、もう言っても怒られないかなと。

小橋:確かに、棚橋君が入った頃は言いづらいよね。

棚橋:全日本プロレスのファン、新日本プロレスのファンっていうのは、お互い自分の団体が好きで、どっちが強いとか、どっちが面白いとかっていう熱がすごかったですよね。新日本のファンは新日本が一番だし、全日本のファンは全日本が一番。

小橋:その頃、棚橋君が俺の名前を出してたら、「なんなんだよ!」って暴動が起きてたかもね(笑)。2003年にGHCのベルトを持って、蝶野さんと新日本の東京ドームで闘ったんだけど、ファンの人はどういう反応をするんだろうってドキドキしたよ。

棚橋:小橋さんからしたら、アウェイに乗り込むわけですもんね。

小橋:でも意外と、ワーッと出迎えてくれた。

棚橋:そりゃそうですよ。小橋さんを嫌いな人はいないです。ここは決定的に、小橋さんと棚橋の違うところです。

小橋:棚橋君もみんなに愛されてるよ。

棚橋:いまでこそ、ですよ。小橋さんのプロレスには、小橋さんの人柄の良さが出てました。

小橋:プロレスは人柄が出るよな。

棚橋:ベビーフェイスでいい奴を気取ってても、人柄があんまり良くないと人気が出ないし、ヒールだったとしても、「こいつホントはいい奴なんじゃないか?」っていうのが透けて見えると逆に応援される。リングって全部透けて見えちゃうというか、嘘をつけない場所なんですよね。四方八方から見られてますから。

小橋:その通り。

――小橋さんのプロレスと棚橋選手のプロレスは、どこか似ている気がします。

棚橋:闘い方は全然違うんです。小橋さんは日本人選手の中でも大きかったですし、僕はプロレスラーとしては小柄な部類に入るので、これだけ体格差があるとやっぱり違うんですよ。小橋さんは体をすごく鍛えていて、技に説得力があったんですね。豪腕ラリアットだったり。そういうのは僕にはなかった。けど、諦めない気持ちとかは、ファンの頃にずっと見ていたので受け継いでいるかもしれないです。

小橋:棚橋君の試合を見てると、自分の試合と似ているものを感じるときがある。棚橋君は本当に気持ちが強いし、熱い男だよ。新日本プロレスというカテゴリーにハマらず、俺らがやってたプロレスに近いものを感じるんだよね。

棚橋:ありがとうございます。

小橋:昔からのファンの人は、新日本プロレスはこうで、全日本プロレスはこうで、っていう見方をしてたと思うんだけど、棚橋君はそうじゃなくて、新日本プロレスに入門したんだけど、棚橋弘至のプロレスを作り上げた。自分が見てきていいなと感じたものを、全部取り入れた選手だと思う。

棚橋:育ちが特殊なのかもしれないですね。小橋さんと武藤(敬司)さん、両方のファンだったので。入門してすぐ武藤さんの付き人になって、武藤さんの華やかな部分も教えてもらいましたし。二人のいいところを吸収できたのかなと。新日本プロレス、全日本プロレス、両方のイズムを少しずつ。いまだからこそ言えますけど(笑)。

小橋:少しずつじゃないよ。少しずついいところをチョイスしたっていう存在ではない。ガッツリ融合して、棚橋弘至っていう存在がもう出来上がってる。この間、飯伏(幸太)君との試合を見たけど、すごく面白かったよ。

棚橋:ありがとうございます。僕が小橋さんに憧れてプロレスラーになったように、いま下の世代は、棚橋を見てプロレスラーを目指してくれるんです。脈々と受け継がれていくんだなと思いますね。

小橋:子どものファンも増えてるでしょ。子どもたちがプロレスラーになりたいと思うかどうか、棚橋君に懸かってる。

棚橋:責任重大ですね。

小橋:棚橋君なら大丈夫。これから棚橋君を見て、プロレスラーを夢見る子どもがもっと増えるはずだよ。

※次回Vol.2は来週更新予定です

【PROFILE】

●棚橋弘至(たなはし・ひろし)

新日本プロレス所属。’76年11月13日、岐阜県大垣市生まれ。’99年4月、新日本プロレス入門。同年10月、真壁伸也(現・真壁刀義)戦でデビュー。IWGPヘビー級をはじめ、IWGPインターコンチネンタルなど多くのベルトを巻く。’16年、ベスト・ファーザー イエローリボン賞(スポーツ部門)、ベスト・ネクタイスト賞を受賞。’18年、映画『パパはわるものチャンピオン』公開予定。著書に『全力で生きる技術』『史上最強のメンタルタフネス』などがある。Twitter:@tanahashi1_100

●小橋建太(こばし・けんた)

(株)Fortune KK代表取締役。’67年3月27日、京都府福知山市生まれ。’87年6月、全日本プロレスに入団。“プロレス四天王”と呼ばれるレスラーの一人。2000年6月、プロレスリング・ノアに移籍。’03年3月、GHCヘビー級王座獲得。13度の防衛に成功し、“絶対王者”と呼ばれる。’06年6月、腎臓がんが発覚するが、2007年12月、奇跡のプロレス復帰を果たす。’13年5月11日、引退。現在はチャリティーや講演会など、幅広い活動を続けている。Twitter:@FortuneKK0327

構成/尾崎ムギ子 撮影/橋本一美


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス