最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

滝藤賢一がロバート秋山に殺される!? 秋山竜次一人10役ドラマ続報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月26日(火)に放送されるロバート・秋山竜次が“一人10役”を務めるドラマ「黒い十人の秋山」の追加キャストが分かった。

今回発表されたのは、捜査一課の女刑事・桐島さなえを仲里依紗、部下の刑事役に満島真之介、ホテルの客で殺害される本庄一郎に滝藤賢一、さなえの従姉・桐島ケイに堀内敬子、ホテルのオーナー大城武史に山内圭哉。“10人の秋山”を取り巻く豪華な顔ぶれとなった。

女刑事役の仲里依紗は、「もともと、秋山さんとクリエイターズ・ファイルの大ファンだったので、今回は、私にとって夢のような企画で、お話をいただけたことがとても光栄でした。

面白い台本なので、真剣に演じるのが大変でしたが頑張りました(笑)。年末でお疲れの方にも楽しんで観ていただけるサスペンスになっていると思います」とアピール。

そんな仲が演じるさなえの部下役を務める満島真之介は、「クリエイターズ・ファイルが、まさかドラマになるとは思ってもいなかったので、お話をいただいた時、驚きとともにワクワクで溢れる企画に大喜びしました。

初共演で同じ歳の仲里依紗さんと、顔濃い!?キャラ濃い!?刑事コンビで『黒い十人の秋山』に立ち向かいました。秋山さんを目の前に、真剣になればなるほど笑いを堪えるのに必死でした(笑)。

どこを見ても秋山さん。でも、そこには秋山さんじゃない十人がいます。秋山さんの持つ洞察力と具現化していく表現力に脱帽です。一生忘れられない幸せな体験をありがとうございます。

このドラマをきっかけに、今までにない切り口のエンターテインメント作品がどんどん作られていくことを願っています。一年の疲れが吹っ飛びますよ! お楽しみに」とコメントした。

殺害される客を演じる滝藤賢一は、「“なんて攻めている企画なんだ、テレビ東京さん!”と迷うことなく受けさせて頂きました。あのエディ・マーフィですら1人7役なのに、秋山さんは10役ですからね。

しかも、どのキャラクターもクオリティーが高く、細部まで丁寧に作り込まれている...。メイクチェンジは本当に大変そうでしたが、秋山ワールドの独壇場で、笑いが絶えない現場でした。放送が楽しみでなりません」とうれしそうに語る。

さらに、さなえの従姉役の堀内敬子は、「まず、企画内容を聞かせていただいた段階で、『お手伝いさせてください!!』とマネージャーさんに言いました。

実は、秋山さんには照れくさくて現場ではお伝えしなかったのですが、以前ルミネ the よしもとにロバートさんのライブを見に行ったこともあるくらい大好きなのでお話をいただいた時は、心の中でガッツポーズしていました(笑)。

撮影中は、秋山さん演じるキャラクターを見て笑いたくなる気持ちを必死に封印して、監督の指示にもあった、コントにならないようにがんばりました。もう、作品の仕上がりが楽しみで仕方ないです!

たくさんの方に見ていただきたいです。ぜひ皆さんお見逃しなく!」と喜びをコメント。

さらに、ホテルオーナー役を務める山内圭哉は、「お話いただいた時に『面白い企画だなぁ』と強く思ったので、企画に負けないお芝居をしなければいけないな。とプレッシャーを感じました。

企画が企画だけにリアリティーが必要だと思ったので、なるべくステレオタイプな芝居にならぬよう意識してのぞみました。

老若男女問わず、気楽に観て頂ければ幸いです」と語った。

■ 濱谷晃一プロデューサーコメント

コントなのかドラマなのか分からないこの不思議な企画に、びっくりするくらい豪華な共演陣が揃い、感動しています。ひとえに秋山さんの魅力の賜物です。特に仲里依紗さんは、来期に主演ドラマも控える実力派女優だしお断りされるのでは...と心配していましたが、企画をオファーして2時間後くらいにはOKのお返事が来ました(笑)。

10人分のメイクチェンジと合成撮影の結果、超過酷な現場になってしまいました...。にもかかわらず皆さんが嫌な顔せずに素晴らしい演技をして下さった上に、こんな嬉しいコメントを寄せて頂き...ただただ感謝が絶えません。豪華共演者と贈る、超異色ミステリーをぜひご覧下さい!

■ 「黒い十人の秋山」イントロダクション

嵐の夜、離島のホテルで客の本庄一朗(滝藤賢一)が殺された。宿泊していた刑事・桐島さなえ(仲里依紗)と部下・取手健(満島真之介)は、停電の間に出入りした10人の宿泊客の中に犯人がいると断定。

オペラ歌手・冴島響一郎、トータル・ファッション・アドバイザー・YOKO FUCHIGAMI、美人秘書の戻川茜、外国人画家のパトリック・ベイカー、ファッションモデルのリシエル、サーファーのヒデト、プロゴルファーの犬塚聡子、美容整形外科医の財津隆也、建設会社社長の神取忠、猫を飼う男・村田安夫など、容疑者は一癖も二癖もある怪しい人物ばかり(全て秋山竜次)。

さなえ、取手に加え、なぜかホテル従業員でさなえの従姉の桐島ケイ(堀内敬子)の3人で捜査を進めるが、全員アリバイがあった。さらにホテルのオーナー大城武史(山内圭哉)にも疑惑の目が向けられ、事態は混迷を深めていく。

次々と現れる証拠や証言で意外な人物が浮かび上がる...そこには過去の陰惨な未解決事件が関係していた! 真犯人は一体誰なのか...!?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129744/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス