最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

竹内結子「とても光栄です」シャーロックに決定! “ワトソン君”は貫地谷しほり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全世界の映画・ドラマ史上最も多く映像化されている、とギネスブックに認定されているキャラクター、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを、大胆不敵な新解釈で捉えた全く新しい連続ミステリードラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の製作が決定した。

あのシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが、もし現代の東京にいたら…しかも、2人とも日本人女性だったらという新解釈で、女性がシャーロックとワトソンを演じる作品としては世界初の映像化となる。

そして本作では、日本のドラマ史上類を見ない国際共同製作が実現。動画配信サービスの強みを生かし、刺激的なオリジナルドラマで話題を呼んできたHuluが、世界有数のケーブルテレビ放送局HBOアジアと初タッグを組み、Huluが配信される日本に加え、HBOアジアが放送される世界19カ国で同日放送されることになった。

この大作ドラマの主演“シャーロック”を務めるのは竹内結子に決定。そのバディー役となる“和都さん”を演じるのは、貫地谷しほりだ。世界中の人々を魅了してきたシャーロック&ワトソンに、新たな息吹を吹き込む。

このたび、HBOアジア創立25周年を記念して11月30日にシンガポールで開催された記者会見に竹内と貫地谷が登壇し、日本から世界に発信するドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の魅力を明かした。

女性のシャーロックを演じることに、竹内は「とても興奮する体験で、この素晴らしいプロジェクトに参加できてとても光栄に思います。新しいバディ・ドラマをぜひ世界の皆さんに楽しんでいただきたいです」と流ちょうな英語でコメント。

また、貫地谷も「ドクター・ワトソンを演じられてとても楽しかったです。うそのない演技を目指しました」と語った。

そして、HJホールディングス株式会社チーフ・コンテンツ・オフィサーの長澤一史氏は「シャーロック・ホームズという誰もが知る古典的名作を忠実に生かしながらも、現代の東京を舞台に全く新しい魅力的なキャラクターが誕生したと感じています」とコメントした。

さらに、HBO ASIA CEOのジョナサン・スピンク氏は「日本のドラマは長い歴史があり、とても素晴らしいとかねてより思っていました。HBO ASIAとしては日本語のドラマを放送するのは今回が初めての試みになるのでこのドラマがたくさんの国で見られることを期待しています」と期待を込めた。

2人が出会う事件とトリックは、コナン・ドイルの正典に敬意を込めつつ、現代の東京にふさわしいものにアレンジされており、シャーロックの卓越した推理力を軸に、人間の心の闇にまで迫るスリリングなドラマが展開していく。

性格的に少々難ありだが、特異なまでの推理力を持つシャーロック。正義感あふれる優秀な外科医で素直に感情を表現する和都。

英国BBC放送の「SHERLOCK /シャーロック」が男2人、米国CBS放送の「エレメンタリー」が男女2人の関係を描いたように、「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」は相反する2人の女性が唯一無二のソウルメートになっていく姿を丁寧に描く。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129698/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス