最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

結婚するならこの人しかいない! そう思えるときの重大サイン5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



女性にとって結婚相手選びは人生を左右する重大なこと。だからこそ慎重に選ぶべきですが、あまり慎重になり過ぎても逆に誰も選べなくなってしまいます。ではいったい、どんなことが相手を選ぶときの決定打となるのでしょうか。「結婚するならこの人しかいない」と強く思えるときのサインをまとめてみました。

1. 口うるさく言わなくても気持ちを察してくれる



全てを言葉にしなくても以心伝心で心が通じ合うというのはちょっと非現実的だとしても、もし彼があなたのことをいつも大切に思っていてくれたら、常にあなたの気持ちが今どこにあるのかよく考えてくれるでしょうし、気持ちを察することも自然とうまくなってゆきます。そこにはあなたのことを「もっとよく理解しよう」という強い意志が働いているからです。

2. なによりも自分のことを最優先に考えてくれる

昔ほどではないにしろ、結婚は女性にとって自分の人生を委ねる大事な決断です。だからこそ、なによりもまず彼が自分をいつでも最優先に大事に考えてくれる人かどうか、見極めたいと思っています。彼がそんなふうに自分を、そして結婚生活を大事に考えてくれればこそ、こちらもプロポーズに際して、「イエス!」と自信を持って答えることができるのではないでしょうか。互いの思いの強さがなによりも結婚生活の基盤となるはずです。

3. 沈黙が少しも重く感じられない



結婚相手とは一生を共にするパートナー、つまりそれだけ長い時間を一緒に過ごす人です。少しでも気づまりな部分や気兼ねがあったら、一緒に暮らしていくうちに息苦しさを覚えてしまいます。だから同じ部屋にいてたとえ沈黙が続いても、それが少しも重く感じられない、自分が自然体でいられる人こそ選びたいのです。いい意味で“空気のような存在”であってこそ、末永く一緒にいてストレスを感じない伴侶になれるのでしょう。

4. 一緒にいると漠然とした不安や心配が消える

不思議なものでお付き合いしていても、常にこちらの気持ちを不安にさせるような人もいれば、彼といるとなぜか安心してありのままの自分を出せる人もいます。どちらが結婚相手に相応しいかは一目瞭然、自分を不安やストレス要因から守ってくれるような男性と結婚したいと願うのは、女子の本能とも言うべき習性なのです。

5. 彼との将来像が描け、なんでも乗り越えられると思える



幸せな既婚者がよく「ぜんぜんタイプじゃないけど、この人と結婚すると思った」と語ったりしていますが、出会ったときからそんな不思議なご縁を感じた人は多いみたい。彼と結婚したら、どんな生活になるか将来像が漠然と描くことができ、何とかやっていゆけるという根拠のない自信が自然とわいてくるようです。結婚を理屈だけで考え込むことはできません、最後はやはり自分の直感がもっとも頼りになります。

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス