最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Googleが独自VRプラットフォーム『Daydream』対応ヘッドセット『Daydream View』を12月13日に国内向けに発売へ 価格は1万2000円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Googleは12月1日、独自のVRプラットフォーム『Daydream』対応のVRヘッドセット『Daydream View』を発表。『Google Store』で予約受付を開始しました。





『Daydream View』は、2眼の高性能レンズを搭載し、対応スマートフォンを装着して使うファブリック製ヘッドセット、2個の物理ボタンとタッチパッドを搭載したモーションコントローラーから構成するVRヘッドセット。GoogleがモバイルVRで最良のVR体験を提供する環境と位置付けています。





カバーにスマートフォンを載せて本体にかぶせるだけと、装着は簡単。



コントローラーを使わないときは、ヘッドバンドにしまうこともできます。



画面のキャストに対応し、『Chromecast』などでプレイ画面をテレビに映して、複数人で一緒にコンテンツを楽しむことも可能。



対応スマートフォンはGoogleが“Daydream-ready”として認定、発売時点で日本では下記7機種の対応が発表されています。中でもドコモが販売する『LG V30+』は、1月以降に購入したユーザー全員に『Daydream View』をプレゼントするキャンペーンを実施予定。


LG V30+

Moto Z

ZTE Axon 7

ASUS Zenfone AR

Galaxy S8

Galaxy S8+

Galaxy Note 8






現在、グローバルでは250以上のDaydream対応VRコンテンツが公開されており、Googleも『ストリートビュー』、『YouTube』、『Googleフォト』といったアプリが対応。国内のコンテンツプロバイダーからは、『Abema TV』、『コロプラ』、『釣りスタVR』、『Rez Infinite』、『360Channel』といったコンテンツの対応が発表されました。



『Daydream』は2018年初めにアップデートの計画があり、ダッシュボードでスマートフォンの通知を受け取ったり設定ができるようになるほか、コンテンツの再生画面を動画でキャプチャーして共有できる機能を追加する予定。



『Daydream View』は12月1日から『Google Store』で予約受付を開始。12月13日に発売を予定しています。価格は1万2000円(税込み)。

上記7機種を除く国内で販売されているスマートフォンへの対応は今のところアナウンスされていません。“Daydream-ready”ではない機種については、従来から販売する『Google Cardboard』の利用を推奨していく意向のようです。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス