最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

門限がある実家暮らし大学生は3割弱! 門限の時刻は平均22時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大学生になると、サークルなどで交流の機会が増えたり、アルバイトを頑張ったりで帰宅の時間が遅くなることもありますよね。実家に住んでいる場合には、門限が気になるという人もいるのではないでしょうか?心配する親御さんの気持ちは理解できるものの、飲み会などのときは門限がなければいいのに、とつい思ってしまいますよね。今回は、実家暮らしの大学生のみなさんに、門限について聞いてみました。門限があるのか、そして何時なのかについて、実態をみてみましょう。

■あなたの家に門限はありますか?



はい 199人(28.5%)
いいえ 499人(71.5%)

門限があると答えた人は約3割にとどまり、門限がないという人が7割を少し超えました。大学生になると、高校生までと異なり、もうある程度の大人で、責任ある行動ができると考えられているからでしょう。また、バイトや友人とのつき合いの機会もなにかと増えてくるため、門限についてうるさくいわない家庭が多いのではないでしょうか?

■ちょっと切実な門限問題、門限がある理由はやはり危ないから

門限があると回答した人では、やはり「危ないから(女性/21歳/大学3年生)」という理由が多かったです。特に女子の場合は、身の安全が気になるもの。家の周りの治安状況にもよるでしょう。

「門限を守らないと怒られる(女性/19歳/大学2年生)」という人もいました。しかし、飲み会などの場合、途中で抜けるのに大変な思いをしたこともあるのではないでしょうか? 門限があっても、「遅くなる時はTELをすれば門限は多少融通が効く(女性/20歳/大学2年生)」というように、厳密ではないケースもあるようです。ちなみに、「門限を守らなかったら締め出された(女性/21歳/大学3年生)」という経験がある人も。厳しいのはわかりますが、家に入れずにその後どうしたのかが逆に心配になりますね。

それでは、門限の時間は何時くらいなのでしょうか? 門限の時間となぜその時間なのかについても聞いてみました。

■門限は何時ですか?



1位 24時 54人(27.1%)
2位 22時 43人(21.6%)
3位 23時 26人(13.7%)
4位 23時半 11人(5.5%)
5位 22時半 9人(4.5%)
平均……22時27分

1位は、その日のうちの「24時」。そして「22時」「23時」という時間が続きました。平均では22時27分でした。家までの交通機関がある間に帰れば問題ないという考え方の家庭も多かったです。しかし、21時よりも前の時間を回答した人も。親御さんが心配性の場合にはどうしても門限の時間も早くなってしまう傾向がみられました。

■交通機関? 日付が変わるまで? 門限の時間の理由は

門限の時間の1位は「24時」でしたが、「日付が変わると怒られるから(女性/22歳/大学4年生)」というルールが自然とできている家が多かったです。また「日付が変わると電車がないから(男性/19歳/大学1年生)」という理由もあげられました。交通機関がなくなると朝まで帰れなくなる場合もあり、大変困りますよね。予定がはっきりしていて、事前に連絡しておけば大丈夫という人もいましたが、なかには「遅くなると言っていても、23時を超えると親から連絡が来る(女性/20歳/大学2年生)」という人も。親にとっては大学生になっても心配なのでしょう。

ユニークなところでは、「帰宅すると犬が必ず吠えるため、親が起きていて犬を抑えられるように(女性/19歳/短大・専門学校生)」ということで門限が22時という例もありました。門限の背景は本当に多様です。

今回のまとめ:実家暮らしの大学生の中には門限がある人も!

ポイント1 門限がある人は約3割
ポイント2 門限は24時が最多。やはり日付を回ると怒られる


門限があると、行動に制約があるように感じられます。しかし、親御さんにとっては、大学生といってもまだ子供。帰宅が遅いと、身の安全が一番に気になります。夜遅くなると怒られるというのも、当然のことでしょう。

大学生になってからは比較的門限がゆるくなったという人もみられましたが、家族に心配をかけないためにも、必要以上には帰宅が遅くならないようにしたいですね。また、遅くなりそうなときは、前もって連絡を入れるようにするのがおすすめです。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年10月
調査人数:実家暮らしの大学生男女698人

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス