最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

安室奈美恵、周囲に明かした「引退後の極秘計画」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 真っ白なセットの中で白いドレスに身を包み、歌手・安室奈美恵が引退への思いを赤裸々に語った独占インタビュー『安室奈美恵「告白」』(NHK総合/11月23日放送)が反響を呼んでいる。安室は来年9月16日に引退することをすでに発表しているが、その理由についてインタビューで「すごくいろいろホントにありすぎて、深すぎてというところもあるんですけど。40歳、25周年が重なってピリオドを打つにはいい節目だと思った」と、はっきりと明言していない。

それもそのはず、安室の“育ての親”であるライジングプロダクションの平哲夫社長への不信感から始まり、同社からの独立騒動、不倫関係にあるとも報じられているプロデューサーとの不毛な同棲生活など、ドロドロした身辺情報が近年マスコミを賑わせていた。悩みを相談できる相手もなく悶々としていた安室の背中を押したのは、意外にも最愛の息子の言葉だったという。

「お袋、もう仕事は辞めて、のんびりしたらいいじゃないか。世界中には『安室奈美恵』を知らない土地は山ほどあるんだ。ゆっくりと世界中を旅行してみたらどう? 俺のことは気にしなくていいからさ」と言われ続けていたと明かした。

1998年にTRFのダンサーSAMとの間にできた息子は今年で19歳。アメリカに留学経験もあるバイリンガルで、日本人特有の狭い枠にとらわれていない自由な発想を持っている。現在は日本の名門大学に通っているが、いずれは国際的な仕事を目標にしている。頼もしい息子の言葉に心を動かされ、ぼんやりと描いていた『引退』が現実になっていったというのだ。

インタビューでは、母であることが音楽に与える影響について「いろいろな感情のコントロールの仕方、感情の入れ方とか存在の大きさは、息子がいたから感じられるものなので、今の自分は息子の存在があるからこそ。あの時息子を出産していなかったら、多分全然違う安室奈美恵がここに座っているか、座っていないかだと思います」と語った。また息子との関係については「親離れが進んでいて、私の子離れがまったくできていないので。『お前うぜぇんだよ』みたいな毎日(笑)」とうれしそうに語っていたのが印象的だった。

実際はお互いに自立した親子関係で、常にマスコミに追われている内気で人見知りな大スターの母を、孝行息子はいつも気遣っているという。

「引退ってなるとネガティブなイメージってあったりするじゃないですか、でもそうじゃなくて、ひとつの通過点なので、終わりがあれば次のスタートがあるので、この先の人生のほうがもっと楽しいこと待っているし、もっともっと長いので、新しい発見とか、新しい興味とか、なにかその間に見つけた『やってみたいな』というものがあったら今度はそこに情熱を注いでみるとか、そういう楽しい人生が待っているんじゃないかなって思ったりするので」と、今後のことを語っていたが、すでに引退後の青写真は描いているという。安室を知る関係者は語る。

「安室さんは引退後について親しい関係者に『引退したら何年かかけて世界中を周りたい』『ほとぼりが冷めたところで日本に戻って、音楽好きな連中が集うことができる小さなライブハウスやジャズクラブをつくりたい』と将来の夢を話しています」

その夢が実現することを願いたい。
(文=編集部)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス