最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【茨城】茨城屈指の人気店の最新ブランドは、前代未聞の週替わり高級地鶏スープ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全国のラーメンイベントにも積極的に出店し、今や全国区の知名度を誇る「らーめん・つけ麺 活龍」(茨城県つくば市)。その最新ブランドでは、これまでにない斬新なメニューを提供している。毎週通っても飽きさせない、その秘密とは!?

■ 全国の高級地鶏が週替わりで味わえる

本ブランドの「活龍」をはじめ、茨城県内で6ブランドを展開している「天辺ダッシュカンパニー」。その最新店が、2017年8月にオープンした「活龍鶏そば専門店 とりだけ」(茨城県水戸市)だ。

「鶏だけ」という店名どおり、鶏系ラーメンの専門店で、なかでも看板メニューの「極~kiwami~」は、画期的な試みで注目を集めている。

その試みとはスープ。なんと週替わりで、しかも全国各地の高級銘柄鶏のみを用いている。その理由を「ただ普通の鶏ラーメン専門店ではおもしろくないので、ほかにはない週替わりの地鶏スープを思いつきました」と、代表の芝山健一さんは語る。

■ 鶏の旨味の強さに驚かされる!

高級地鶏の丸鶏のみを煮出したスープは香り高く、地鶏の旨味を存分に堪能できる。取材に訪れた日は、青森シャモロック100%スープ。ガラはもちろん、丸鶏の肉からもダシが溶け出しているため、見た目より濃厚で、その旨味の強さに圧倒される。

「レギュラーの鶏そばはブロイラーのガラを使っています。それに比べて地鶏はより複雑で奥深い味わい。2つを一緒に注文して食べ比べてみるのもおもしろいですよ」(芝山さん)。

■ 今後は合鴨などの新メニューも登場予定

これまでに扱った地鶏は青森シャモロック、名古屋コーチン、比内地鶏(秋田)、奥久慈しゃも(茨城)、東京しゃも、山水地鶏(岡山)、みやざき地頭鶏(宮崎)、天草大王(熊本)など。価格は時価(800~1,050円)で地鶏によって異なる。

地鶏は1週間分の量をまとめて仕入れるため、週によっては早めに売り切れてしまうこともあるそう。今後も合鴨をはじめ、新たな銘柄を追加していくほか、濃厚系の鶏白湯などの新メニューも考案中とのことで、ますます楽しみだ。【ラーメンウォーカー編集部】(東京ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/129332/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス