最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

千鳥ノブと南海キャン山里の前でキダ・タローが横領被害告白、あっちの疑惑も追求…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
千鳥・ノブと南海キャンディーズ・山里亮太が、12月2日(土)の15時から放送される『ヒルスパ!七転び八起きさん 私それでもめげません!』(カンテレ※関西ローカル)で、MC初タッグを組むことがわかった。オープニングトークでは互いの“転び”っぷりをイジるなど、ワードセンス抜群のツッコミ合いが展開される。

この番組は、人生で成功を収めた芸能人に、「今だから話せる悲惨な失敗、いわゆる“転び”と、どのようにその失敗から“起き”あがって来たのか」を聞いて、明るく生きていくためのヒントをもらうトークバラエティー。

ゲストの武井壮、元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈、“なにわのモーツアルト”の異名を持つ作曲家のキダ・タロー、映画監督の井筒和幸、そして上西小百合、笹原雄一(上西小百合 元秘書)らが赤裸々に人生の失敗談を語る。

最初の“七転び八起きさん”は、類まれなる身体能力とバラエティーセンスで、現在10本のレギュラー番組を抱える武井。家がないことが売りでテレビに出てきた武井も、今では大豪邸に住む成功者となったが、果たしてどのような“転び”方をしてきたのか解き明かす。武井の語る最初の“転び”は、彼の代名詞でもある10種競技。10種競技で日本一になり、その道で成功したように思われる武井だが、「大転倒だった」と語るのはなぜなのか。その後、ゴルフを極めるためにアメリカに渡ったが、そこで死の危険が迫るほどの大ピンチに見舞われる。さらに、日本に戻りテレビの仕事が増えると、今度はテレビのスタッフを大激怒させてしまう。数々の“転び”から見事に起き上がる武井をMCの2人は大絶賛。しかし、本人は将来が不安で、新たなことにチャレンジしていると告白。その中の1つが俳句ということで、急遽“千鳥”“山里”のお題でそれぞれ俳句を詠むことに。俳句の先生も絶賛する、武井の腕前とは?

続いて丸山が登場。美女アスリートとして引退後、各方面から引っ張りだこだが、本人は引退後すぐに挑戦したグラビアを後悔しているそう。しかし、その理由を問うと予想もしなかった答えが! さらに「まだ脱げそう」とまさかのリベンジ宣言も飛び出す。また、「NO」と言えない性格のため、Twitterや番組での発言でしょっちゅう炎上。天真爛漫な彼女の“転び”っぷりにMCの2人も目を見張る。

そして、なにわのモーツァルトことキダは、妻・美千代とともに登場。数々の名曲を世に生み出した大作曲家だが、なんと騙されて家3軒分ものお金を横領されていたことが発覚。そして今回番組では、キダのあの疑惑を追求することに成功。キダが「偽物です」とテレビ初告白! ついに、トレードマークであるあれを外す!? さらに妻が好きすぎてストーカー状態という、その私生活にも密着。これまでの不満を妻が爆発させる。

歯に衣着せぬ物言いで怖いイメージのある井筒監督は、“人生初の土下座謝罪”を告白。かつて東京で大暴れして、現行犯逮捕されてしまったというリアルなエピソードに、ノブは思わず「ドキュメンタリーじゃ」とドン引きする。

収録後、初MCでのタッグについて、「元々僕は千鳥さんに拾ってもらって、大阪でずっとやってたので、“いつか一緒に番組やれる日が来たらいいな”って言ってたのが、ついに来ました! あの頃の夢が叶いました」と嬉々として語った山里。さらに自身の“七転び八起き”エピソードについては、ノブは「東京に出て巨大番組が打ち切られ、その時に残ってたのは、地方局の番組1本ですから。もう六転びはしてますね」と、上京当時を振り返った。山里は、「漫才の大会で出てきましたけど、翌年はビリになって転び、相方が映画で売れすぎてそれを妬みすぎて、相方をしゃべらさないようにしたら番組が終わって転び。会社がなんとか僕に、新しい仕事をさせようとしてアカデミー賞のインタビュアーの仕事で有名監督をキレさせて転び」と、見事な“転び”エピソードを披露。最後に、見どころについて、ノブは「勉強になりましたよね。やっぱり失敗した人を集めてますから、非常にゲストがクセメンバーで、こんな芸能界のクセが集まるかという」と、番組出演者のラインナップに太鼓判を押した。山里は、「本当に皆さん転んでる姿には、面白い、ぶっ飛んでいるエピソードがあるんですよ。ただ笑うだけじゃなくて、自分が転んだときにどう超えて行けば良いかそのヒントになる。他人が転んでる姿を見て励まされたい人も、笑いたい人も、どちらの方も楽しめると思います!」と、自信を見せた。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス