最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

え…冷え症はメンタルにも悪影響!? 冷え症夫婦は夫婦ゲンカが6倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



朝晩の冷え込みが強まり、冷え性の人にとってはツライ季節になりました。この冷え性、肩こりや腰痛、むくみ、便秘などさまざまな体の不調を招くことは有名ですが、実は“メンタル”にもマイナスで、夫婦関係に悪影響を及ぼしている可能性があることが、このたび養命酒製造株式会社が行った「夫婦の冷えと不眠」というインターネット調査で判明!(2017年11月2日~11月6日の5日間で行い、20歳~59歳の既婚男女1,000名の有効回答を回収)。

その驚くべき結果を紹介します。

冷え性だと不眠症になりやすい!? 冷え症夫の4割が不眠症に悩む


“冷え”は、肩こりや腰痛、むくみ、便秘などの不調だけではなく、“睡眠”にも関連しています。

人の体温には1日を通じてリズムがあり、活動的である日中に体温は上昇しますが、夜になると自然と低下。これにより体は眠りの体勢に入っていきます。ところが、体が冷えている人は日中も体温が上がらないため、夜には体温が下がりにくく、“休息”のスイッチが入りづらくなることから、睡眠に障害が生じることがあるのです。では、不眠を自覚する人はどの程度いるのでしょうか。



全回答者(1,000名)に、【自分は不眠症だと感じる】にあてはまるか聞いたところ、「あてはまる」は21.5%となり、不眠に悩む人は5人に1人となりました。

そして、冷え症の自覚がない人が不眠を自覚する割合は11.6%でしたが、冷え症の自覚がある人では31.6%となり、冷え症の自覚がない人と比べ不眠症の割合が約3倍となりました。

さらに、冷えと不眠の関係を男女別にみると、冷え症の自覚がある男性が不眠症を感じる割合は、冷え症でない男性と比べて約4倍(冷え症の自覚がある男性で40.6%、冷え症の自覚がない男性で10.1%)という数字に。また女性では、冷え症の自覚がある女性とそうでない女性とでは約2倍(冷え症の自覚がある女性で27.5%、冷え症の自覚がない女性で14.8%)となりました。

つまり、冷え症の自覚がある人ほど不眠の傾向がみられました。

メンタルにもマイナス? 冷え&不眠に悩む人の8割強が些細なことにイライラする傾向


冷え症と不眠症の関係をみてきましたが、冷えや不眠はメンタルな部分にも影響を及ぼすことが判明。



全回答者(1,000名)に、【ちょっとしたことでもイライラする】ことがあるか聞いたところ、「よくある」は25.1%、「時々ある」は43.1%となり、それらを合計した「よく・時々ある(計)」は68.2%となりました。
男女別にみると、女性は【ちょっとしたことでもイライラする】ことが「よく・時々ある(計)」人の割合は77.0%となり、男性(59.4%)より高い結果に。自分はイライラしやすい時があると感じる人は女性に多いようです。

さらに、冷えや不眠の自覚有無別にみると、冷え症・不眠症の両方の自覚がある人では「よく・時々ある(計)」が81.4%となり、冷えや不眠がメンタルに影響を与えている可能性がうかがえました。

ポカポカ快眠夫婦では“夫婦喧嘩が頻繁”が僅か9%、冷え症不眠夫婦では53%と約6倍に!




イライラが蓄積すると、夫婦喧嘩の導火線に火がつきやすい状態になるかもしれません。

そこで、全回答者(1,000名)に、【夫婦喧嘩をする】ことがあるか聞いたところ、「よくある」は11.2%、「時々ある」44.5%となりました。頻繁に夫婦喧嘩をしてしまうのは約1割、時々喧嘩になるのは4割半との結果になりました。

冷えや不眠の自覚有無別にみると、冷え症・不眠症の両方の自覚がある人では、夫婦喧嘩をすることが「よくある」が26.3%となり、どちらも自覚がない人(7.6%)と比べ、夫婦喧嘩を頻繁にする割合が約3倍となりました。

さらに、自身と配偶者の二人ともが冷えと不眠の両方を感じる“冷え症不眠夫婦”では、夫婦喧嘩をすることが「よくある」と回答した割合が52.9%に上り、自身と配偶者ともに冷えも不眠も感じない“ポカポカ快眠夫婦”で「よくある」とした割合(8.6%)と比べ、なんと約6倍となりました。冷えや不眠は、夫婦関係にも深刻な影響を及ぼしているのかもしれません。

冷えがメンタルや夫婦円満にとって悪影響を与えているとは驚きですね! 冷え症を自覚していて「なんだか最近イライラする」、「夫婦ゲンカが増えてきた」という人は、運動をして筋肉をつける、体を温めるものを摂るなど、冷え性改善の対策をとったほうがいいかもしれません。


外部リンク(美レンジャー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス