最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大泉洋、松田龍平に「嫌いですよ」と爆弾発言!?『探偵はBARにいる3』初日舞台挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の大泉洋が1日、都内で行われた映画『探偵はBARにいる3』初日舞台挨拶に、松田龍平、北川景子、前田敦子、鈴木砂羽、志尊淳、吉田照幸監督と共に出席した。大泉はシリーズ3作目で抜群のコンビネーションを見せる松田に対して「嫌いですよ」とまさかの発言で会場を沸かせた。

【関連】『探偵はBARにいる3』初日舞台挨拶フォトギャラリー

本作は、東直己の『ススキノ探偵シリーズ』を実写映画化した『探偵はBARにいる』シリーズの第3弾。探偵(大泉洋)の相棒・高田(松田龍平)が、失踪した女子大生・麗子(前田敦子)の調査を持ちかけたことから巻き起こる大騒動をコミカルかつスタイリッシュに描く。

大泉は「第3弾ということで、皆さんもお気づきだと思いますが」と松田を見て語り出すと「この人、おもしろいんです。映画のなかではほんのちょとだけ僕の方がおもしろいんですけれど、僕はパンツ一丁になったり目一杯やっているのに、この男はたまにしゃべるだけで笑いになる。嫌いですよ」と胸のうちを明かす。しかし「でも私は面白いことに対して奴隷なので、これほど頼りになる男はいない。この映画に出てくれて幸せです」と最後は最大級の賛辞を贈った。

そんな大泉の発言に松田は「大泉さんってすごくしゃべるし、楽しい雰囲気になるのですが、内容をちゃんと聞くとそんな面白いこと言ってないんですよね」と、やや批判めいたことを言うも「それでもテンションがあがるし笑ってしまう。完全にムードメーカーで、僕も大泉さんみたいになりたいとキャンペーン等では頑張ったのですが、やっぱり難しい。それぐらい影響を受けているし、得られるものが多い方です」と、こちらも絶賛していた。

また、本作では女性陣も作品に花を添えているが、謎の女性を演じた北川は「今回結構殴ったり叫んだり、銃を撃ったりする悪いシーンが多かったので、悪女デビューできた作品になりました」と笑顔を見せると、前田は「ずっと言わせてもらっているのですが、この作品では、北川景子さんの美しさを再認識できます。キレイなのは皆さんご存知でしょうが、どの角度からもキレイなんです」とうっとり。大泉も「素晴らしかった。なかなか北川さんにやってもらえるような役じゃない。来年の大泉洋映画祭では、最優秀主演女優賞の最有力候補です」と北川の演技に太鼓判を押していた。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス