最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

美人インスタグラマーの“インスタ映え”テクニックとは<2017年新語・流行語大賞>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【2017年新語・流行語大賞/モデルプレス=12月1日】今年流行した新語・流行語を決める「2017ユーキャン新語・流行語大賞」(『現代用語の基礎知識』選)が1日、都内で発表された。年間大賞の一つに「インスタ映え」が選ばれ、インスタグラマーがインスタ映えのテクニックを明かした。

今年の年間大賞は「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」の2語に決定。

「インスタ映え」は、写真共有サービスInstagramで映える、写真の見栄えのよさを意味し、今年はインスタ映えの意識が一般にも浸透した年となった。

「忖度」は、森友学園の理事長が国会で発言したことをきっかけに、本来の「他人の気持ちをおしはかる」ことから「政治家らの気持ちに配慮した」という意味で用いられるようになった。

◆インスタグラマーの“インスタ映え”テクニック



表彰式には、「インスタ映」受賞者、CanCam it girlの中村麻美氏、白石明美氏、尾身綾子氏が登壇。「インスタ映え」という言葉を中村氏は「テレビや雑誌で盛り上がっている」と紹介し、「可愛い写真を撮ってインスタにあげています」とにっこり。今回の受賞を「購買意欲が低いといわれる20代の女性が、時代に残せるムーブメントを起こせて嬉しい」と思いを伝えた。

インスタ映えした写真を聞かれた白石氏は「夏に行われたナイトプールや、公園です。季節を感じられるので」と紹介。

また尾身氏は「今の時代、盛ってナンボ。自撮りライトを使って盛っています」と熱弁。自身のInstagramのこだわりを「一番工夫しているのは統一感」とし「1枚の写真よりも自分のページに統一感を持たせてます。インスタ強化中です」とさらなる意欲を見せた。

3人にとってInstagramは「自分を表現できて、趣味で繋がれる場所」だそう。また、中村氏は「インスタから流行するものもあり、インスタで経済が活性化と聞くと、インスタ愛用者として嬉しいです」とコメントした。

◆「忖度まんじゅう」への思い



「忖度」受賞者には、「忖度まんじゅう」を企画・販売している株式会社ヘソプロダクションの代表取締役・稲本ミノル氏を選出し、イベントに登壇。他人の気持をおしはかる意味の「忖度」という言葉について「日本文化を表す素敵な言葉」とし「これからも忖度という言葉を大事に使っていきたい」と思いを語った。

司会者から「なぜおまんじゅうに?」と聞かれると「重い言葉だと思うので。まんじゅうなら重みを伝えられるかなと思った」と説明。その結果「売れまくりましたね」とホクホク顔だった。

また表彰式後、改めて受賞した心境を聞かれると「正直複雑」だと吐露し「ここに来させていただくのも迷った」と告白。しかし、忖度まんじゅうに関わった人たちへの「気持ちを推し量ってここに来た」と説明した。

忖度まんじゅうへの情熱を「真面目に取り組んできた」と語り、胸を張った稲本氏。今後の商品企画については「時事ネタはこれで終わり」としながらも「くすっと笑えて少しでも世の中を明るくできる商品ができたら」と思いを膨らませた。

ブルゾンちえみ「35億」もトップテン入り



このほかトップテンには、お笑いタレント・ブルゾンちえみのネタから「35億」、将棋ブームを巻き起こした元プロ棋士の加藤一二三の愛称「ひふみん」、ほか「Jアラート」「睡眠負債」「フェイクニュース」「プレミアムフライデー」「魔の2回生」「○○ファースト」が決定。

表彰式には「Jアラート」で受賞したYouTuberのクリス・ブロード、「睡眠負債」で受賞した枝川嘉邦氏(早稲田大学教授)、「フェイクニュース」で受賞した清原聖子氏(明治大学情報コミュニケーション学部准教授)、「プレミアムフライデー」で受賞したプレミアムフライデー推進協議会の石塚邦雄氏(日本経済団体連合会副会長)、「魔の2回生」で受賞した森山志乃芙氏(産経新聞編成局整理部記者)が出席。

「35億」で受賞したお笑いタレントのブルゾンちえみ、「ひふみん」で受賞した元プロ棋士の加藤一二三は欠席となった。

■「2017ユーキャン新語・流行語大賞」トップテン・選考委員特別賞



※五十音順
<トップテン>
・インスタ映え(年間大賞)
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・忖度(年間大賞)
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・○○ファースト

<選考委員特別賞>
・9.98
・29連勝

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス