最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大神いずみ、子供のお受験に「くだらない」 その理由に共感が相次ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(d_morita/iStock/Thinkstock)

子供の将来を案じて、なるべくなら良い学校に入れたいと考える親は少なくない。中には、小学校を受験させる親もいるだろう。しかし、本来は子供のためを思って行う受験のつもりが、いつの間にか目的が変わってしまうことも…。

この問題について、1日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、フリーアナウンサーの大神いずみ(48)の発言が話題になっている。

■親同士の争いゲンナリ


番組では、子供のお受験事情と親同士の代理戦争をトークテーマに議論を展開。子供の受験にも関わらず、親同士が嫉妬をして争っているというエピソードが語られた。

長男、次男が受験をしたという大神は、子供の受験での親たちの争いについて「今思うと、すっごいくだらなかった」と断言した。「子供のことなのに、あの子の親のほうがイイ服を着ているとか、成績が上ったのはどこどこの教室行っているからとか、そういうことを気にする自分がいて…」と当時を振り返った。

さらに、子供の受験先に別の家庭の子供がいた場合は、相手の母親を意識してしまうと明かし、「あそこ受かってうちが落ちたらどうしよう」と、対抗心を燃やしてしまったこともあったという。

■「くだらない戦争はなんだったんだろう」


長男の受験で代理戦争を味わった大神だが、次男の受験のときには、こうした親同士の争いにウンザリしていたため「まったく気にならなかった」と語る。子供が入学したあとに「絶対に最初によしよしと思ってた通りにはいかない」と思ったようだ。

「いい学校に行ったけど登校拒否になったとか、失敗したけどすごいサッカーが秀でてきたとか」と例を挙げて、子供たちの人生はどんどん変わっていくと気づき、「そうなったときに、『あの時のくだらない戦争はなんだったんだろう』って思う」と明かした。

■ネット民からは共感の声


大神の発言を受け、ネット上では「親の見栄張りは情けない」「ほんとうにくだらないと思う」など共感の声が相次いだ。








■母親の半数以上は「ママ友の付き合いは疲れる」


意見の中には「ママ友と付き合わなければいい」との声もみられた。同じ境遇から、普段は頼もしい存在であるママ友だが、やはり受験のときなどの関係はピリピリするものだろう。

しらべぇ編集部が全国20~60代の出産経験のある女性351名に「ママ友との付き合い」について調査したところ、半数以上が「付き合いは正直疲れる」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

母親たちの2人に1人は、ママ友たちとの付き合いに神経をつかっているようだ。

見栄を張りたくなる気持ちは誰にだってあるだろう。しかし、子供たちを親同士の争いに巻き込むことがないようにしてほしいものだ。

・合わせて読みたい→親バカになっている? 子供の喧嘩にでしゃばる親のドン引き行動3選

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の出産経験のある女性371名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス