最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

これはどっちが悪いのか 前の車に接近したパトカーが「避けて」と呼びかけると?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真はイメージ
あるドライブレコーダーの動画に、さまざまな意見が集まっています。

高速道路の追い越し車線を走る、シルバーの車。その後ろから、赤色灯を回転させてパトカーが近付きます。

パトカーは急いでいるのか、シルバーの車に「左に寄ってください」と拡声器で呼びかけました。

すると、ヒヤッとする展開が待っていたのです…。


シルバーの車のドライバーは慌ててしまったのか、左によけるところを右によけようとしてしまいます!

「そっちは右!」というパトカーの言葉にさらに焦ったのか、シルバーの車は後方確認をせずに左の車線に入り、危うく投稿者の車と事故を起こしてしまうところでした。

ちなみに投稿者さんによると、シルバーの車は違反はしておらず、パトカーは先を急ぎたいという理由で「よけて」と呼びかけたようです。

この映像を見た人たちからコメントが寄せられています。

・これは追い越し車線をずっと走っているシルバーの車が悪いですね。

・いわれたのとは反対方向によけてる…。でも、パトカーに後ろに付かれたら、焦るよね。

・警察もあおりすぎでは。焦ってしまうのも仕方ない気がする。

・そもそも、どんな状況でも右側に寄るということはないでしょう。

パトカーは救急車と同じく『緊急車両』に分類されます。

緊急車両がサイレンを鳴らしながら走行している時や、赤色灯を点けた状態で「よけてください」と促された場合、ほかの車両は道をゆずる義務があります。

パトカーに後ろにくっつかれると「違反したかな」と不安になり、焦ってしまう気持ちは分かります。しかし、そんな時でもドライバーは冷静な判断をし、安全運転を心がけなければなりませんね。


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス