最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

映画『8年越しの恋人 奇跡の実話』。松井愛莉がトークショーを開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「すっごい感動しました!!」



「すっごい感動しました!!」と大きな声で映画を見た感想を言うと「2人の純愛に心が痛くなるシーンが何回もありました。まっすぐさとか、ひたむきさに何回も涙が出てきて。今はとても幸せな気持ちです」と『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の主人公、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)の物語を絶賛。

もし恋人がいて同じようなことが起きたら?「やっぱり待ちたいですね」



映画のタイトルにちなんで、8年後の夢を聞かれると「結婚していたいです」と即答。「以前は25歳ぐらいで結婚していたかったんですけど、今はちょっと伸びて30歳手前ぐらいでしたいなって。自分が好きで好きでたまらない人と結婚できたらいいですね」とニッコリ。


最後に「この映画は哀しい話じゃなく、見終わった後、とても幸せな気持ちになれて、温かい涙がこぼれる作品。大切な人や家族、友達、いろいろな方とこの感動を味わってほしいですね」と。

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』12月16日(土)全国ロードショー



結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。
そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。
映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』公式サイト

外部リンク(TCM)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス