最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松田龍平、大泉洋の素晴らしさに悩む!?「そうですね。どこですかね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『探偵はBARにいる3』の初日舞台挨拶が、12月1日に丸の内TOEI1で開催され、大泉洋、松田龍平、北川景子、前田敦子、志尊淳、鈴木砂羽、吉田照幸監督が登壇。大泉はシリーズ3作で相棒役を務めた松田について「松田さんは面白いんです」と力説した。

大泉は「正直申し上げまして、この映画の中で、松田龍平と私とどっちが面白いかというと、ほんのちょっとだけ僕の方が面白いというくらいです。私はパンツ1丁になって、小樽の冬の海に出て必死に笑わせようとしているのに、この男はたまに出てぼそっと言うだけで本当に面白い。ここまで頼れる相棒はいない」と感心した。

また、松田は大泉の素晴しい点について尋ねられると「そうですね。どこですかね」と考え始める。大泉が「ちゃんと台本に書いてあったぞ。もうちょっと待ってて。必ず言わせるから」とツッコみ、会場は大爆笑。

松田は「楽しい雰囲気になる。大泉さん、すごいしゃべるから。内容をちゃんと聞くと、そんなに面白くないけど、テンションが上がり、笑っちゃう」と分析。大泉は大笑いしながら「雰囲気笑い。これだけ中身が無くて笑わせることはなかなかできないんですよ」と自慢した。

松田は「大泉さんになりたい、僕ももう少しトークが上手くなりたいと思って頑張ったけど、やっぱり難しくて。今日、パーマかけてこようかなとも思ったけど、形を変えても無理だからありのままでいようと。それくらい影響を受けました。シリーズ3作を一緒にやらせていただいて光栄です」と感謝した。

また、ヒロインを務めた北川が「今回けっこう殴ったり、銃を撃ったりと、悪いシーンが多かったので、悪女デビューという感じの昨品になったかと思います」と言うと、大泉は「素晴しかった。なかなかやってもらえる役じゃない」とうなった。舞台挨拶は全国270の劇場で同時中継された。

『探偵はBARにいる3』は、札幌の歓楽街ススキノを拠点に活動する探偵とその助手の活躍を描く犯罪サスペンス映画のシリーズ第3弾。探偵を大泉洋が、探偵の相棒・高田を松田龍平が、ヒロインのマリを北川景子が演じた。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

https://news.walkerplus.com/article/129719/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス