最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

実写版『鋼の錬金術師』、不安と期待の中でアニメ版主役・朴ロ美は「エドがいた」と感じた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●「グッとこなかったらどうしよう」という不安
全世界でシリーズ累計7,000万部超の発行部数を誇る人気漫画『鋼の錬金術師』の実写映画版が、Hey! Say! JUMPの山田涼介を主演にむかえ、1日より公開された。亡き母を生き返らせようと、禁忌を犯して挑んだ"人体錬成"に失敗し、左脚と右腕を失った兄エド(山田)と、身体全部を持って行かれ鎧に魂を定着させた弟アルの物語を描いていく。

ヨーロッパ風の世界観を日本人が演じることになるが、物語を引っ張っていたのが、山田が演じた主役・エドだ。並々ならぬ気迫と、スクリーンに映るだけで圧倒的にドラマチックになる存在感を誇る。

今回は、アニメ版の主役を演じていた声優・朴ロ美にインタビュー。原作終了前に放送され、オリジナルの展開で完走した2003年版の第1期シリーズ、そして原作終了に合わせ展開を合わせた2009年版の第2期シリーズ、さらに数々の映画版と、数回にわたりエドという役を演じきっている。朴が感じるエド役の難しさ、そして山田に感じた姿とは。

○通り一辺倒で演じきれるような役ではない

――『鋼の錬金術師』、実写化すると聞いたときの印象はいかがでしたか?

鋼の関係者の方から実写化の話を聞いたのではなく、最初は私のとても信頼している舞台衣裳家の西原梨恵ちゃんから、「ロミさんがやったアニメの実写化の衣裳をやることになったの」と聞いたんです。「私がやったアニメって結構いっぱいあるよ?」と言いながらも「もしかして、『鋼の錬金術師』?」と冗談半分で聞いたら大当たりで、本当に驚きました。彼女は舞台の衣裳家なので、映像の衣裳を、しかも『鋼の錬金術師』を梨恵がやる!? と先に驚いてしまったので「『ハガレン』が実写化する」という驚きが来たのは、後からじわじわ、という感じでしたね。

――では、実際に実写化された作品を観て、どのような感想でしたか? 特に、ご自身でも演じられていたエド役については思い入れも深いのかなと思います。

もう、観るまでに緊張してしまって……。西原梨恵ちゃん伝手に山田くんと一緒にご飯を食べる機会があったんです。その時に、山田くんがどれだけこの作品を自分の中心に置いているかということ、どれだけの思いで作品を背負おうとしているかということをひしひしと感じて、観る前から「応援したいな」という気持ちになっていました。

と、ともに、「これで実写版を観て、全然グッとこなかったらどうしよう」という不安もないまぜになってしまって、とてつもなく緊張しました。でも観終わった後は、山田くんのエドがスクリーンの中にいた、というか、山田くんではなく「エドがいた」と思いました。

エドって、すごく難しいんです。通り一辺倒で演じきれるような役ではないので、ビジュアルだけ寄せたって絶対に無理で、マインドがエドになっていないと演じる事ができない。山田くんは、見事にこの作品を背負って立っていたんじゃないかなと思いました。

――マインドから変えなければ演じられない役なんですね。

変えざるをえない、というか。この作品は本当に魔物みたいな、とんでもないエネルギーを内包しているんです。こちらはまったく無意識なのに、全部持ってかれるんですよ。「もっていかれた……!!」というエドのセリフがありますが、こちらはエドに持ってかれた……!!という感覚です(笑)。そのぐらい凄まじいエネルギーが必要な作品で、私も全身全霊をかけて演じていました。荒川先生はなんというものを生み出してくれたんだ……と思います。

だから山田くんのエドを見ていると、その様が見える気がするんです。私も演じている時に、エドに「見つけられた」感がすごくありました。まるでエドに「そのエネルギーを俺に貸せ」と言われたような……。山田くんもとってもエネルギーが高い子なので、この作品に見つけられちゃって、もう多分、肉体も精神も全て彼方に持って行かれようとしているんだな、という感じがしました。

●決して喜びだけではなかった『鋼の錬金術師』
○魂を削らないと向き合えなかった

――TVアニメ放送時に、「魂を込めすぎた」といったインタビューに答えられていたと思いますが、どういう状況だったのでしょうか?

とにかくしんどい作品だったんです。1期の時には、月曜の朝10時から収録していたので……週頭の朝10時からの内容の作品じゃないでしょう(笑)。2期(『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』)になって16時からになりましたけど、なんというか、魂を削らざるをえない。削りたいじゃないんですよ。削らないと向き合えない。

でも、向き合いたくなくて、辛いんですよ。前日に準備をしなきゃいけないんだけど、またあの辛い時間が待っていると思うと、なかなか取り掛かれない(笑)。そして準備を始めると朝までかかってしまう。とてもエネルギーがいるので、決して喜びだけではなかったな、と思います。

――それを2回もシリーズで通して演じられたというのは、すごいですね。

いや、わけがわからなかったです(笑)。1期と2期で別の方が演じることになった役もありますし、2期で初めて役に入られる方々は、前の『鋼の錬金術師』があるから、すごいプレッシャーがあったと思います。2期の新しいキャストのお目見えイベントが、1期のDVDのコンプリート版を買ってくださった方々を対象としていたので「これでブーイングだったらどうしよう」という緊張感の中で行われたんですよね。私と(アル役の釘宮)理恵で、『鋼の錬金術師』の世界を示す旗振り役をしなければ、と必死にエネルギーを費やしたのを覚えています。

――今回も、ファンイベント(7月13日実施)で実写版キャストと登場されましたが、橋渡しみたいな気持ちはあったのでしょうか?

応援したい、という気持ちですね。なぜなら私は『鋼の錬金術師』が自分の中に染み込んでいるし、本当に好きだし、こんなにちゃんと深いテーマをシンプルながら激しく伝えている作品というのはそうあるわけではないと思います。それは荒川先生の、かっこつけないむき出しのエネルギーが詰まっているからだと思うんです。

だから今の若い世代の方々、今まで『鋼の錬金術師』に触れてない方々に、今回の実写を通して触れて欲しい、観て欲しい。生きるということが、どれだけのしんどさの上に成り立っているか、でもこれだけの豊かさがあるんだということを、きっちり受け取ってくれたらと思います。

もちろん、実写化を嫌だという方も、不安がっている方々もいるとは思うんですよ。でも曽利監督の熱い思いや『鋼の錬金術師』に対する愛、そして山田くんが全身全霊でエドを受け止めて、「全てを持っていってくれ」という覚悟でやっていることは、スクリーンを通せばわかると思うんです。他のキャストの方々も、みんなそうだと思います。自分の中のイメージと違うことで「う~ん」と思ってしまうこともあるかもしれない。だけど、あの頃見ていた原作、アニメのワンシーンワンシーンが本当に丁寧に丁寧に作られているので、胸が震えるはずだし、とにかく観て欲しいです。
○マスクがしっとりするくらい泣いた

――他の作品とも、また山田さんの演技や声の出し方が違ったように思ったのですが、朴さんから見ての印象はいかがでしたか?

TVを見ないもので、山田くんが普段どういうことをやっているかを知らないんです。所属事務所を知ったのも、あとからだったくらい(笑)。でも、まんま、エドでした。予告編ではシリアスなシーンしかなかったんですけど、全編を通してみるとちゃんと"三の線"をやっていて、「そうそう、"三"があってエドなんだよ~!」と嬉しかったです。

――それでは、最後に朴さんから観て、特にこのシーンのエドが必見! というところを教えてください。

エドとアルとウィンリィの喧嘩のシーンです。やっぱり『鋼の錬金術師』って兄弟愛・絆がテーマなんだ、強くハートを鷲掴みにされました。マスクをしながら観ていたのですが、涙と鼻水でグッシャグシャになって。マスクの中がしっとりなんてもんじゃない、表側にまで染み出てくるくらいでした(笑)。必見です。

あのシーンの撮影中、山田くんは相手がいない状態で演じていたのかと思うと、本当にすごいですよね。私には理恵がいましたから。山田くんの集中力と、作品を背負って立つという意識が成せる技です。気が早い話かもしれないけど、第二弾、第三弾と進んでほしいなと思ってしまいます。だから応援してほしいし、本当にこの作品が一人でも多くの人の手に触れて、渡ってほしい。「生きるって捨てたもんじゃねーぜ」ということが伝わってほしいなと思います。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス