最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

いい親にならないと…「完璧な母」への執着が子どもを追い込んでしまう訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「いいお母さん」が子どもを追い込んでしまうこともある

「いい母にならなくては」と頑張りすぎていませんか?

「子どもの可能性を最大限に伸ばし、成長を支えてあげたい」―これは子を持つ母なら、誰もが抱く思い。ところが、その思いが強すぎて「いい母にならなくては」と頑張りすぎる人も多いものです。そして、こうした「いい母」の努力が、逆に子どもの可能性を阻害してしまうことがあるのです。

たとえば、自分がやりたいことも我慢して、自己犠牲の精神で子どもに尽くしすぎるお母さん。自分自身はおしゃれ一つせずに家計を切り詰めて、子どもには習いこと三昧。家庭での会話は、学校のこと、勉強のこと、しつけのことなど、子どもを「いい子」にするための話ばかり。こうしたお母さんは、世間では「子育て熱心ないいお母さん」と言われますが、子ども本人にとってはどうでしょう?

お母さんが「いい母」になろうとすると、子どもにも「いい子」になってほしいと期待をかけるようになります。その期待を受けた子は、「お母さんが望む子」になろうと精一杯努力をします。勉強が得意な子は、一生懸命勉強して100点を目指すでしょうし、運動が得意な子は、一等賞を取るために練習に励むでしょう。勉強にも運動にも自信がない子は、きょうだいの面倒を見たり、家事を率先して手伝ったりして「お母さんの役に立つ子」になろうと努力をするでしょう。

そうした努力が、自分のやりたいこととマッチしていればいいのですが、親の期待に応えることが主目的になってしまうと、「自分は本当は何をしたいのか」「どうなりたいのか」という、内発的な動機が分からなくなってしまうのです。

その結果、頑張りすぎて燃えつきたり、お母さんの目をいつも気にして、情緒が不安定になってしまう子もいます。お母さんが敷いたレールを歩んできたものの、進路にも環境にもなじめず、無気力になっていく子もいますし、思春期になると過剰に反発し、親がいちばん嫌がる(さりとて、自分自身も本当に望んでいるわけではない)生き方を志向していく子もいます。

子どものために「いい母」になろうと努力してきたのに、逆にそれが子どもの道を阻んでしまう――こうした悲劇を起こす前に、なぜ「いい母にならなくては」と頑張りすぎてしまうのか、という自分自身の問題と向き合う必要がありそうです。

母親の中にもいろいろな「自分の顔」がある

母親なら、誰でも「いい母」になりたいと願うものですが、同時に、その人の中には「いいかげんな自分」や「なまけたい自分」、「わがままな自分」といった、さまざまな面もあるものです。それを「当たり前のこと」として受け止め、人前でもそんないろいろな自分の姿を見せていい、と思えるのが自然な状態です。そして、お互いのそうした姿を許しあっていくのが、「居心地のいい家族関係」ではないでしょうか?

ところが、「いい母にならなくては」と頑張りすぎるお母さんは、自分の中にある「いい顔」だけを認め、自分や周囲にネガティブな印象を与える顔を認めることができません。望ましくない顔は、「あってはならないこと」なのです。そのため、「いい顔」だけを発揮できるように、努力を続けていきますし、家族にもそれを要求するようになります。

そうした努力や要求を、家族はとても息苦しく感じてしまうものです。夫は、外に「はけ口」を求めて逃げ出すこともできますが、子どもには逃げ場がありません。四六時中「いい母」とつきあい、その期待に添うように努力しなければ、家庭の中で生きてはいけない――そうしたプレッシャーに押されて生活していくと、自分が何をしたいのか、どう生きたいのかも分からずに、生き抜くために「母親の望む自分になろう」と、頑張り続けてしまうものです。

「グッド・イナフ・マザー」が子どもを伸ばす

イギリスの小児科医・精神分析医のウィニコットは、子育てには「グッド・イナフ・マザー」がよいと説きました。これは「ほどよい母」という意味です。つまり、完璧な「いい母」を目指すより、ほどほどに子育てをした方が子どものためになる、ということ。

いつでも「いい母」になって、先回りして問題を回避し、子どものために最善を考え、環境を整えてあげることは、一見子どものためになっているように思えます。しかし、実は子どもが自分の問題を自分で考え、その問題に直面化し、自分の力で解決していく力を奪っていることも多いのです。

お母さんが完璧を目指さず、かといってほったらかしにせず、ほどよく子育てをしていれば、子ども自身も、「ほどよい子ども」でいることができます。ときには、いいかげんだったり、なまけたり、わがままを言うことがあっても、「それも含めて自分なんだ」と認められ、いつでも自然体でいられます。

すると、子どもは「こうあらねばならない」という自分像に縛られることもなくなり、自由にやりたいこと、するべきことに取り組むことができます。自分で選んだ道で失敗して傷つくことがあっても、自分で努力して解決したり、責任をとることができるのです。

「グッド・イナフ・マザー」になるためのステップ

では、「グッド・イナフ・マザー」になるには、どうしたらいいのでしょう? まず「いい母」への執着を捨てることです。いつも夫や子どものことを優先させ、家族の幸せのために生きる母――こうした「聖母像」など、社会が作り出した幻想でしかありません。

母親だって、一人の人間。子どものために頑張る自分がいる一方で、ときには子育てなんて夫に任せて、自分のやりたいことを優先させたい。家事だってときにはサボるし、日がな一日、なまけることもある。こうした、けっして理想的とは言えない自分の姿を表出しながらも、いつも子どもの気持ちを受け止め、見守り、支えている――こんな「ほどよい母」がいちばん現実的であり、子どもにとっても、夫にとっても、実は「理想的」なのではないでしょうか?

「グッド・イナフ・マザー」になることは、難しいことではありません。ときには、「自分のため」に楽しむ時間を確保してみましょう。お母さん1人が子育てをするのではなく、周りの人に任せてみることも必要です。最初は不安かもしれませんが、いろいろな大人に接して、刺激を受けることは、子どものためにもなることです。

そして、ときには「いいかげんな自分」「なまけたい自分」「わがままな自分」も出してみましょう。食卓にお総菜ばかりが並ぶ日があっても、「よし」とする。家事をほったらかしてゴロゴロする日があっても、「よし」とする。たまには自分のためだけにごほうびを買う日があっても、「よし」とする――こんな風に、自分の中にいる「いろいろな自分」にOKを出していきましょう。

「お母さん」の自分でいながら、「ありのまま自分」も大切にする。そんな「グッド・イナフ・マザー」が子どもをのびのびと成長させ、家庭を楽しい場所にさせるのです。(文:大美賀 直子)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス