最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

将棋・藤井聡太四段が新語・流行語大賞で特別賞受賞「29連勝」で大フィーバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 将棋の藤井聡太四段(15)が12月1日、2017ユーキャン新語・流行語大賞の選考委員特別賞を受賞した。流行語としては「藤井フィーバー」がノミネートされていたが、特別賞としては、史上最多となる「29連勝」が選ばれた。

 受賞理由としては、デビューから半年、無敗のまま走り続け30年ぶりに記録更新となる公式戦29連勝を達成、さらにはインターネットテレビ局AbemaTVで行われた対局企画「炎の七番勝負」で羽生善治三冠(当時)に勝利したことでも大きな注目を浴びた、としている。

報道各社が勝負以外に昼食の注文を取り上げたこと、活躍がきっかけで将棋を始める子どもたちが増えたこと、クリアファイルやTシャツ、扇子といったグッズが軒並み売り切れ状態となり「フジイノミクス」とも呼ばれたことも評価され、さらには「望外の結果」「僥倖」という独特な表現も、子どもから大人まで将棋に関心を持たせ、感動と勇気を与えたことも理由にあげられた。

藤井四段の成績は、通算で59戦して51勝8敗(0.864)。年度成績では49戦して41勝8敗(0.837)と対局数、勝数、勝率、さらに年度をまたいだ29連勝と4部門で全棋士中トップ。今年度は残り4カ月弱だが、歴代最高記録となる89局、68勝(いずれも羽生善治棋聖)、0.8545(中原誠十六世名人)の更新も可能性を残している。

藤井聡太四段のコメント

この度はユーキャン新語・流行語大賞特別賞をたまわり、大変うれしく思っています。一局一局の積み重ねが29という数字に達したことは、まさに望外の結果であり、自分自身とても驚いたというのが率直な感想です。

また、連勝の過程で多くの方に注目していただき、自分としても大変得がたい経験をすることができました。このことを糧として、将棋の魅力をさらに伝えられるようになりたいと思っています。

来年は平成30年。30連勝を目指すと言いたいところですが、まずは一歩一歩確実に強くなっていくため、日々精進していく思いです。本日は本当にありがとうございました。

(C)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス