最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

日馬富士を猛烈批判! 都内で台頭するモンゴルマフィアの危ない生態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日馬富士の暴行事件が連日メディアを賑わせているなか、相撲界の“モンゴル派閥”に敢然と挑む貴乃花親方に喝采を送る在日外国人勢力がいる。目下、都内のアングラ社会で勢力を拡大中のモンゴルマフィアの軍団だ。

池袋を根城にとある闇稼業を営む中国籍のU氏(30代後半)もその一人。

「普通の日本人はよくわかってないと思いますが、日本に住むモンゴル人には2種類います。モンゴル国(外モンゴル)出身のモンゴル人と、中国内蒙古自治区(内モンゴル)出身のモンゴル人です。相撲の連中は全員外モンゴル人。俺は内モンゴル出身です。同じモンゴル族だが、国も違うし、お互いよく思っていない微妙な関係が続いている。だから地下社会においても、外モンゴル系と内モンゴル系の2系統あり、揉めることも多いんです」

U氏によれば、内モンゴル系のマフィアは以前から日本で幅を聞かせてきた怒羅権や中国東北部出身のマフィアと連携して、主に池袋や埼玉県で一定の力を持っているという。一方で外モンゴル系の不良勢力は数こそ少ないが小岩、両国、錦糸町界隈が拠点で、さまざまなビジネスに手を染めているという。どんなビジネスなのか?

「暴力団や半グレの連中みたいに、派手に暴れまわったりはしません。数も少ないですから、もっと賢く商売してますよ。俺たち内モンゴル人は女に飲食店、風俗エステをやらせることが多いけど、外モンゴル系は独特な利権を持っているのが大きな違い。相撲利権もそうだし、あとは盗難バイク利権とかですね。ただ、最近は外モンゴルの連中も女を街に送り込みはじめてるから、バッティングすることも増えてるんです。あいつら外モンゴル派は、日馬富士たちが日本で高い知名度と人気があるのをネタに、現地の新聞やテレビで人を集める広告を打っている。3000ドル~4000ドル支払えば日本での仕事を紹介するし、ビザの融通も利かすというね。ビザが切れたら偽装結婚なんてオプションまで用意して、女を調達しているんだ」

たしかに、ここ5~6年、池袋や西川口などの中国系エステでは“モンゴル人”を名乗る嬢が急激に増えた感があるが、よく聞いてみるとほとんどが内蒙古出身の中国系モンゴル人である。

◆暴行事件の発端となった錦糸町のカラオケ店を来訪

外モンゴル系マフィアグループの拠点だという錦糸町に行ってみた。ロシア、フィリピン、韓国、タイ、ルーマニア、中国……国際色豊かすぎる飲食店やクラブ、スナック、風俗店が点在するエリアでモンゴルカラオケ店「A」はひっそりと営業していた。

日馬富士殴打事件が起こる1ヶ月前の9月下旬、この店で“被害者”の貴ノ岩は元幕内の先輩力士と激しい口論となり、それが事件の発端となった言われている。

この店の近くにある居酒屋で、外モンゴル人のI氏(40代)に話を聞くことができた。マフィアの一人と噂される人物だ。

「90日間の短期ビザで日本とモンゴルを行ったり来たりしてるね。マフィア? やめてよ。実業家って言ってね」

がっちりとした体躯のI氏はそう言って笑ったが、その眼光は全盛時代の朝青龍よりも鋭かった。本当にマフィアなのか?

「まあ、そう呼びたいならそれでもいいよ。いいことばっかりやってるわけじゃないから(笑)。モンゴルはまだまだ貧しい。首都のウランバートルでも、月収4~5万もらえればいいほうね。だから日本、魅力ある。あと私、中国嫌い。だから、日本来る。お相撲さん、もちろん知り合いだよ。相撲で賭博? あはは、友だち同士で賭けて遊ぶけど、それは商売じゃない。でも、お相撲さんと仲いい、儲かるのは事実ね」

これ以上の話を聞くことはできなかったが、モンゴル人力士の周辺に“黒い勢力”がまとわりついているのだけはたしかなようだ。

角界では日馬富士の暴力沙汰を巡っててんやわんやの騒ぎになっているが、こうしたマフィアが生息する経済圏が成り立ってしまうこと自体も、モンゴル系力士を取り巻く暗い側面なのかもしれない。

取材・文/日刊SPA!編集部


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス