最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

実はロリキャラ好きのブラコン? 足立梨花「アニメの魅力」語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたの人生を変えたアニメ作品はなんですか? anan初のアニメ特集では、「別世界に浸れる時間は最高の癒し。アニメなしの人生はありえない!」と話す、女優、タレントの足立梨花さんにお話をうかがいました。


■ ゲームに、声優に、フィギュアに。アニメから広がる好奇心!

漫画とアニメが好きな母の影響で、幼稚園の頃から、毎日テレビでアニメを観ていました。ポケモンやコナンなどの王道ものはもちろん、ジャンル問わず片っ端から観ていたんですが、その中でも大好きだったのが『おジャ魔女どれみ』。オンタイムで観てさらに録画もしておいて、風邪をひいて寝込んだ時なんかに一気に観るのが幸せでした。その頃、映画『魔女の宅急便』がテレビで放送されて、私たち女子小学生の間では、空前の魔女ブームが到来! 学校の掃除の時間にほうきにまたがって、その乗り方で誰かを当てるクイズをよくしてました(笑)。

アニメ好きは、大人になってからさらに加速。きっかけのひとつは、『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』。高校生の姫小路秋子が、双子の兄の秋人に恋愛感情を抱くブラコンもので、それまで抵抗のあった、深夜帯に放送されているエロ要素が入っている作品を初めて面白いと感じました。ちょうどその頃に20歳になったので、大人になったな、と自覚した作品でもあります。これを機に、深夜アニメにもハマりだして、今では放送中のアニメをすべて録画して選別し、ワンクールで30作品は観ています。

ブラコンものでは『BROTHERS CONFLICT』ものめり込んだ作品。父親の再婚で突然13人の男兄弟ができた女子高生の絵麻が、次々に兄弟から告白される話で、これはゲームにまで手を出してしまって。アニメでは七男の棗(なつめ)ファンだったのに、ゲームではクールな六男の梓(あずさ)が気になりだして、そこで声優さんの魅力にはじめて開眼! 早速、梓役の鳥海浩輔さんが羊を数えるCDを購入。声の距離感がリアルなダミーヘッドマイクで録音された声にメロメロです(笑)。

『デート・ア・ライブ』も私の人生には欠かせない作品。主人公の士道が、街を荒らす精霊たちをゲームを攻略するようにどんどん恋に落として街を平和にしていく、という話なんですが、“ボンキュッボン”なスタイルの精霊の女の子たちがエロかわすぎて。特に、大きなうさみみをつけた四糸乃ちゃんは大好きです。いま話していて気づいたんですが…恋愛ものでは、ロリ系の女の子が出てくる作品が好きみたい。そういえば、『化物語』の真宵ちゃんや、『きんいろモザイク』の女の子たちなんて全員好き。アニメの中の“かわいい子”って私にとっての永遠だし、自分には絶対なれないキャラだからこそ、余計に憧れているのかも。自分にない世界観に浸れるアニメを観ている時間は、最高の癒しであり、もはやアニメは私の生活の一部なんです。

■ 足立梨花さんの人生を変えたアニメ

『おジャ魔女どれみ』【思いやりや友情など道徳を学んだバイブル】
「主役はどれみちゃんですが、私は、見た目はクールでも根は優しいというギャップを持ったおんぷちゃんが好き。魔女の赤ちゃんのハナちゃんを育てることになったおんぷちゃんは、ハナちゃんの好き嫌いをなくすために大嫌いなピーマンを丸かじりしてみせて、それを見たハナちゃんも苦手な食べ物を克服するという回を観て、子供ながらに感動しました。社会に出たらこうするんだよ、という見本や道徳が詰まっているアニメです」
(C)東映アニメーション

『ポケットモンスター』【トレーナーになるという夢を叶えてくれた作品】
「アニメは欠かさず観たし、カードゲームなども含め、オールジャンルで楽しんだ作品。いつか声優として技名を言いたい、と密かに思っていた私は、芸能界に入り、映画でトレーナー役の声優の仕事をもらって“かえんほうしゃ!”と言えたことに、感激! 物語では、ピカチュウがサトシに心を開く瞬間や、かつてサトシに助けられたヒトカゲが、リザードンになって一時は反発するものの心を通わせた時など、仲間との友情にも泣けます」
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon(※正しくはeの上にアクサンですが、環境依存文字のため置き換え)

『進撃の巨人』【オープニングのかっこよさに衝撃を受けアニメ愛が加速】


「オープニングだけで“これはヤバイ!”と思った革命的作品。立体機動装置で動く映像は斬新で、Season1前期の主題歌『紅蓮の弓矢』は、当時CDでもカラオケでも歌詞を伏せられていたという仕掛けもあって虜に。物語には想像を超えた巨人が出てきて、1話でいきなりお母さんが食べられちゃったりと衝撃的。実は足を踏み入れたら最後だとブレーキをかけていたフィギュアも、この作品を機に、買い集めるようになってしまいました」
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

おそ松さん』【こんなクズでも人気がある!と明日への希望になります(笑)】


クリスマスに全員でラブホテルをぶっ壊したり、チビ太のおでん屋ではお金を払わずに食べまくって借金を重ねたり…書けないような最低最悪なことばかり起こすクズのおそ松たちが、悔しいけど大好きで、一生観続けたいアニメです。どうしようもないことをしておきながら、私がいないとだめなんじゃないかって母性本能くすぐられちゃうし、フィギュアやグッズまで買っちゃうところがまた、思うツボなのはわかっております…(涙)」
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

『干物妹!うまるちゃん』【まるで私を観ているようで、共感と癒しの世界にどっぷり】


「キラキラ輝き誰からも好かれる女子高生うまるちゃんは、家では漫画やアニメに明け暮れてグータラに過ごす干物妹。私も、昼間はカメラの前に立ったり華やかな世界にいるけど、家に帰れば、ソファに寝転がってアニメ三昧…実はもっとも親近感が持てるキャラで、私、まるでうまるちゃんです(笑)。うまるちゃんはすごくお兄ちゃん思いで、風邪をひいたお兄ちゃんを泣きながら看病したりする、すごくいい子。観ているとほっこりします」
(C)2017 サンカクヘッド/集英社・「干物妹!うまるちゃんR」製作委員会

あだち・りか 1992 年10 月16 日生まれ、女優、タレント。2008年『愛流通センター』で女優デビュー、バラエティ番組でも活躍。主演を務める映画『キスできる餃子』が来年夏に公開予定。

ワンピース¥85,000( スレトシス/スレトシス インTEL:03・5775・7550) ブーツ¥5,555(H&M/H&M カスタマーサービスTEL:0120・866・201)

※『anan』2017年12月6日号より。写真・女鹿成二 スタイリスト・木津明子 ヘア&メイク・杉村理恵子 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス