最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ベビレ林愛夏、1時間歌いっ放し番組の前にカラオケで絢香歌う「声出しにも使っています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANの林愛夏が、1時間歌いっぱなしの生放送番組の前に、カラオケでシンガーソングライター・絢香の楽曲で喉の調子を仕上げていることを明かした。

 11月28日に生放送された映像配信プラットフォーム「FRESH!」の番組「林愛夏の音楽準備室」で、“アイドル最強のヴォーカリスト”を目指す林は、NHK朝の連続テレビ小説のテーマソング3曲に挑戦。現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」の主題歌「明日はどこから」(松たか子)、2013年に放送された「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」(天野春子・小泉今日子)とともに、2014年に放送された「花子とアン」の主題歌で、絢香が歌う「にじいろ」を歌い上げた。

林は「にじいろ」について、「私はこの曲がすごくお気に入りでして、カラオケに行ったら十八番」と語り、普段からよく歌っていると紹介。さらに「最近では声出しにも(この曲を使っている)。カラオケは、『準備室の準備室』なので」と1時間本気で歌のレッスンを行う同番組の前に、「にじいろ」を歌って調整していることも明かした。

十八番にしているだけあってか、熱唱すると「絢香合うね」「染みるね~」とファンの評判は上々。歌の指導をする作・編曲家の杉田未央も「やっぱりいつも歌っているだけあって、慣れているね」と笑顔を見せた。

(C)林愛夏 公式チャンネル ※画像はFRESH!
▶林愛夏 公式チャンネル


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス