最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「ナスニン」の次は「マヌカハニー」…ベビレ林愛夏が奇想天外な新曲披露も評価上々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANの林愛夏が作る曲が、「ぶっとんでいる」と話題になっている。新曲「マヌカハニーの歌」を聴いたファンからは「作曲始めたばかりの人が作る曲じゃない」という声が上がっていた。

 11月28日に放送された映像配信プラットフォーム「FRESH!」の音楽バラエティー番組「林愛夏の音楽準備室」のコーナー「作詞作曲準備室」で、林はニュージーランドで採れる蜂蜜・マヌカハニーをテーマにした楽曲を披露した。林が作詞作曲をしたのは、これで3曲目。

アフリカの民族音楽を思わせる「マヌカハニーの歌」をアカペラで歌い上げと、これを即興でアレンジする作・編曲家の杉田未央は、あまりにも独特な世界観に爆笑。それでも、しっかりとこれを聴き遂げ、見事に生放送の時間内でアレンジを完成させた。林は、「無茶ぶりしてごめんなさい」と謝りながらも、「やっぱり未央ちゃんすごい!」と改めて頼りになるパートナー杉田のすごさを感じたようだ。

出来上がった曲を聴いた視聴者からは、「かっこいい!」「面白い曲!」と絶賛のコメントが番組に寄せられた。過去にも林は同番組でナスをテーマにした「ナスニン」も作詞作曲しており、「作る曲作る曲ぶっとびすぎ(笑)」「作曲始めたばかりの人が作る曲じゃない(笑)」と奇想天外な発想を見せる林に驚くファンも多数いた。

コミカルな楽しい楽曲となった「マヌカハニーの歌」だったが、林はこの曲を作った理由を「踊れてみんなが暖まる曲を作った」と説明。これにはスタジオの外で観覧していたファンから「外だけど暖まったよ!」「ありがとう!やさしい!」と林の優しさに感動したコメントが多かった。

(C)林愛夏 公式チャンネル ※画像はFRESH!
▶林愛夏 公式チャンネル


外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス