最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

IMALU、さんまへの「高価すぎるおねだり」にツッコミ殺到!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 11月25日に放送された『AbemaボートTV』(AbemaTV)に、タレントのIMALU(28)が出演。父親の明石家さんま(62)に“ある物”をおねだりしたことを明かし、視聴者の批判を浴びている。

この番組では、セレブ大学生のSHOUTA、お笑いコンビ麒麟の田村裕(38)、そしてIMALUが金銭感覚にまつわるトークを展開。IMALUは、「けっこう世間の皆さんにセレブの家庭だと思われていますが」と前置きしてから、「(高校生の頃)父親に唯一言ったおねだりがブーツでした」と告白。他には何もいらないから、と頼んだブーツの値段は、6万円相当だったという。

さらにIMALUは、「お金に関して、いろいろ与えられていたわけではないです」とセレブ生活を再度否定しながら、「でも段ボールは食べていません」と、しっかり田村の貧乏エピソードに絡めたオチまでつけていた。

しかし、高校生のIMALUが6万円のブーツをねだったことに、視聴者からはツッコミが殺到。ネットには「庶民の私は6万円のブーツなんて目にする機会もなかったわ」「えっと、6万円のブーツをおねだりするところが、一般家庭の子どもではないよね」「このエピソードでセレブじゃないって言われても……」「6万円の靴をねだってる時点でセレブ」と、IMALUへの厳しい反応が上がっていた。

「IMALUは、今年11月にも『日本シューズベストドレッサー賞』の授賞式で、さんまにブーツをねだったエピソードを語っています。ただ、さんまには“そんなん買うか!”と一喝されてしまい、見かねた母親の大竹しのぶ(60)が、後日そのブーツを買ってくれたようです。IMALUはこのブーツを大切にして、ボロボロになるまではき続けたそうですよ」(芸能誌ライター)――IMALUの鉄板エピソード?


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス