最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

優香『都庁爆破』で長谷川博己と“夫婦”に!新婚・和田正人も出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月2日(火)21時より放送される、長谷川博己主演の新春ドラマスペシャル『都庁爆破!』(TBS系)に、優香、和田正人、早見あかり、小澤征悦が出演することがわかった。

本作は、津波や原発による現代日本のパニックを、これらが起こる前から小説で訴えてきた作家・高嶋哲夫が2001年に発表した同名小説のドラマ化。テロの発生を想定してシミュレーションし、そこで起きる様々な問題を、親子愛、夫婦愛、友情で乗り越えていく“家族の絆を取り戻す”愛と感動のエンターテインメントドラマとなっている。

長谷川が演じるのは、テロリストたちに人質にされてしまった妻と娘を救うため都庁に潜入する本郷裕二役。米国国防総省の担当情報次官で、友人である本郷と行動を共にするケイン高村役を吉川晃司、東京、そして日本を翻弄するテロリスト・エム役を渡部篤郎、東京都知事・大池由紀子役を寺島しのぶ、都知事と対立する内閣総理大臣・御園朔太郎役をリリー・フランキーが演じることも発表されている。

優香が演じるのは、テロリストによって都庁で人質にされてしまう本郷の妻・麻由子役。監督からはさっぱりとかっこいい感じがいいと言われていたそうだが、「あまりにもさっぱりしていると麻由子の抱えている夫婦のモヤモヤや不安が、見ている人に伝わらないのではないかと思って、“夫のことをわかろうとしている”“夫のことを心配している”という妻としての気持ちも見えるように心がけています」とコメント。

また、見どころについては「やっぱり家族愛ですね。本郷の気持ちが内に入ってしまっているところにこういう凄まじい事件が起きて、そこから家族の大切さをまた感じ出すところが見どころです。家族に見て欲しいなと思うドラマなので、2018年は1日に駅伝を見てのんびりして、2日にはこのドラマで少し刺激を受けて、3日にはまたのんびりしてお正月を過ごして欲しいなと思います」と語っている。

なお、都庁に救助に入る消防士・海老原実役を和田が、麻由子と同じくテロリストによって人質にされてしまう妊婦・櫻井結衣役を早見、本郷の友人でテロの背後を探る警視庁公安部の刑事・丸山尚人役を小澤が演じる。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス