最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

なんで入ってないの!?と思う流行語ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
その年に流行した言葉の中から、多くの人々が話題にしたものを選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」。今年も人気の写真共有サービス「Instagram(インスタグラム)」にまつわる「インスタ映え」をはじめとするユニークな言葉がノミネートされましたが、ノミネートされた全30語を一通り眺めて「あの言葉は入ってないの?」と思った人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ノミネートされなかったけど流行ったよね!?と思う“流行語”に注目してみました。

1位 このハゲーッ!
2位 熱盛
3位 卍(まんじ)
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「このハゲーッ!」!

2位を大きく引き離して1位に選ばれたのが「このハゲーッ!」。今年6月に週刊誌で報じられて話題となった女性代議士(当時)の秘書に対する暴言から生まれた言葉ですが、週刊誌の編集部が録音した音声を公開したこともあり、SNSを中心に広く拡散されました。
この時の暴言からは新語・流行語大賞にノミネートされた言葉「ちーがーうーだーろー!」も生まれていますが、「このハゲーッ!」も負けず劣らずの破壊力ですよね。

2位は「熱盛」!

2位につけたのは、『報道ステーション』のスポーツコーナー「今日の熱盛」でおなじみの「熱盛」。もともと熱く盛り上がったシーンに対して贈られるスタンプだったのですが、通常のニュースコーナーで誤ってこの熱盛スタンプが表示されたのをきっかけにネットで注目を集めました。
ついには公式がLINEスタンプをリリースするほどの人気となっています。

3位は「卍(まんじ)」!

3位にランク・インしたのは、女子高生の間で使われているイマドキ言葉の一つ「卍(まんじ)」。
よく知られているのは「まじ卍!」という使い方ですが、これ一つとっても「まじで調子に乗っている」や「まじでかわいい」、あるいは写真を撮影する際のかけ声など、さまざまな意味を持つようです。
若い世代の柔軟さをこれ以上ないほどうまく表現した、まさに新語と呼ぶにふさわしい言葉ですね。

気になる4位~33位のランキング結果にも、一大ブームとなったアニメけものフレンズ』から生まれた言葉や、「○○なうに使っていいよ」など「なんで入ってないの!?」と思わせる流行語がズラリと揃っているので、2017年の振り返りにぜひご覧ください。

※言葉のニュアンス違いから、表記が異なる場合があります。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:3,468票
調査期間:2017年11月14日~2017年11月28日

外部リンク(gooランキング)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス