最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

椎名林檎が新作収録の「人生は夢だらけ」ミュージックビデオ、ライナーノーツなどを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椎名林檎が12月6日にリリースするセルフカバーアルバム『逆輸入 ~航空局~』の収録曲「人生は夢だらけ」のミュージックビデオが公開された。

アルバムからこの一曲を選び、MVを制作したのは、近年数多くの椎名林檎映像作品を手掛ける、児玉裕一監督。「この曲であれば、唄っている様子をただ撮るだけで、今の本人が如実に映し出されるはず」「そのリアリティこそがロックだと思う」とコメントしている。なお作品中で、椎名が着用している緑のコートは、かつて彼女が母から譲り受けた、四十五年もののヴィンテージ。ネックレスは、椎名の四歳になる長女が針と糸を用いて作ったのだそう。

また、このアルバムのオフィシャル・ライナーノーツと、椎名林檎自身によるアルバム全曲コメンタリーも本日12月1日より公開となった。本日はテレビ朝日『ミュージックステーション』に生出演する椎名。ドラマ『カルテット』の主題歌だった「おとなの掟」が披露されるとのことなので、こちらも見逃せない。

椎名林檎「人生は夢だらけ」
椎名林檎「人生は夢だらけ」
椎名林檎「人生は夢だらけ」
椎名林檎「人生は夢だらけ」
椎名林檎「人生は夢だらけ」
椎名林檎「人生は夢だらけ」
■『逆輸入 ~航空局~』ライナーノーツ&椎名林檎全曲コメンタリー公開中
『逆輸入 ~航空局~』特設サイト http://sp.universal-music.co.jp/ringo/reimport-vol2/
<オフィシャル・ライナーノーツ> http://sp.universal-music.co.jp/ringo/reimport-vol2/liner.html
<椎名林檎全曲コメンタリー> http://sp.universal-music.co.jp/ringo/reimport-vol2/explain.html

ツアー情報 椎名林檎 ひょっとしてレコ発2018

2018/3/2(金) 川口総合文化センター リリア
2018/3/7(水) 川崎市スポーツ・文化総合センター
2018/3/8(木) 川崎市スポーツ・文化総合センター
2018/3/15(木) 仙台サンプラザホール
2018/3/16(金) 宇都宮市民文化会館
2018/3/23(金) 静岡市民文化会館
2018/3/30(金) 神戸国際会館 こくさいホール
2018/3/31(土) 神戸国際会館 こくさいホール
2018/4/6(金) 富山オーパード・ホール
2018/4/8(日) 新潟県民会館
2018/4/13(金) ニトリ文化ホール
2018/4/16(月) フェスティバルホール
2018/4/17(火) フェスティバルホール
2018/4/20(金) 東京国際フォーラム ホールA
2018/4/26(木) 福岡サンパレスホテル&ホール
2018/4/27(金) 福岡サンパレスホテル&ホール
2018/5/9(水) 大宮ソニックシティ
2018/5/11(金) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2018/5/12(土) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2018/5/16(水) NHKホール
2018/5/17(木) NHKホール
2018/5/25(金) 広島上野学園ホール
2018/5/27(日) 鹿児島市民文化ホール第一

チケット料金(税込):¥8,888
チケット一般発売:2018年1月20日(土)
問合せ:SR猫柳本線ツアー特設 http://www.kronekodow.com/gaiko/2018tour/

リリース情報 椎名林檎セルフカバーアルバム第二弾 12月6日(水)発売
『逆輸入 ~航空局~』
【初回限定生産盤】
UPCH-29274 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
UPCH-20468 ¥3,000(税抜)
前作の「逆輸入 ~港湾局~」は1曲ずつ別々の編曲家たちを迎えたアルバムでしたが、 今作『逆輸入 ~航空局』は斎藤ネコ、 村田陽一、 名越由貴夫、 朝川朋之といった近年の椎名プロダクトに欠かせない、 いわばブレーンとも言うべき音楽家との、 綿密なやり取りを経て作り上げられた作品です。 2000年から2017年にかけて誂えてきた提供楽曲を、 信頼の演奏家陣とともに実演。 国法と讃えられる辣腕ばかりが音を連ねています。

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス