最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

白川(坂口健太郎)に重大な決断迫る「コウノドリ」<第8話あらすじ>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コウノドリ/モデルプレス=12月1日】俳優の綾野剛主演ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜よる10時~/TBS系)の第8話が1日、放送される。

◆産科医療の現場を描く「コウノドリ」



今作は、講談社「モーニング」で現在も人気連載中の鈴ノ木ユウ氏が描く同名のヒューマン医療漫画が原作。2015年10月期に同局でドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描いて好評を博し、続編の放送が決定。多くの感動と共感を生んだ作品の新シリーズとして、「生まれること、そして生きること」をテーマに描かれる。

前作に引き続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラを綾野剛が演じる。ほかにも、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎星野源、大森南朋といったキャストが続投。

◆第8話あらすじ



ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名星)。サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)と共に、新生児科医として白川(坂口健太郎)が寄り添っていた。

最近、新生児科医として経験が増えてきている白川は、同期の下屋(松岡茉優)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。

しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋)は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。

そんな矢先に、白川に重大な出来事が起こる。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス