最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

レジーねえさんは強くて、やさしくて、涙もろい“日本の女子プロレスラー”――フミ斎藤のプロレス読本#145[ガールズはガールズ編エピソード15]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2001年

レジー・ベネットはリングに上がったとたん、目に涙をいっぱいためていた。

シルバーのガウンは、5年まえに全日本女子プロレスのリングでバーリトゥードにトライしたときにあつらえたよそいきで、黒をベースにした水着は1998年に新団体アルシオンに入団したときに新調したものだ。

新しいリングコスチュームなんて、もう何年もつくっていない。

プロレスをはじめたときから“満40歳”の誕生日に引退するつもりだった。ボディービルダー時代に友だちに連れられて初めてプロレスの試合を観にいったときは、これが自分の一生の仕事になるとは思いもしなかった。

ひょんなことからタダでハワイに行けることになって、気がついたら“女子プロレスラー”としてバトルロイヤルのリングに上がっていた。ハワイのプロモーターは、あの“ザ・ロック”ドウェイン・ジョンソンの祖母にあたるリア・メイビア女史だった。

女5人、男4人の9人兄弟の上から4番めとして生まれたレジーねえさんは、15歳のときに家出をしてホームタウンのニューオーリンズを離れた。カントリー・バンドのバックコーラス、エアロビクスのインストラクター、スポーツクラブのスタッフと仕事を変えながらサンアントニオ、ロサンゼルスへと移り住んだ。

ハイスクールを卒業できなかったので、20歳のときにGED(高校卒業認定試験)のテストを受けた。

ロサンゼルスで本格的にプロレスの手ほどきをしてくれたのはゲレロ4兄弟の上から2番めのマンドー・ゲレロだった。LA時代のトレーニング仲間にはまだ10代だったエディ・ゲレロがいた。

“ダッターン、ボヨヨン”のCMのオーディションを受けにいったら、それから3週間後にはトーキョーに来ていた。レジーねえさんが日常のすべてをスーツケースにおさめて歩くようになったのは、たぶんそのころからだった。

“ダッターン、ボヨヨン”のCMは、レジーねえさんの知らないところで社会現象になっていた。LAとトーキョーをひんぱんに往復するようになった。

プロレスを本業にするつもりだったら、やっぱりそれができる土地に暮らすのがいちばんいい。女子プロレスラーによる純粋な女子プロレスは、じつは日本にしか存在しない。

ずいぶん、いろいろな団体のリングに上がった。大仁田厚のFMWのリングにはいつも血のあとがこびりついていた。ジャパン女子プロレスは、契約書にサインしたと思ったら、団体そのものがすぐに消滅してしまった。

アメリカに帰ってミネアポリスの“ブラッド・レイガンズ道場”でインストラクター補佐をしているときに全日本女子プロレスから声がかかった。

全日本女子プロレスは来日外国人選手としてではなく“定住型ガイジン”としてレジーねえさんを迎え入れた。下目黒の本社ビル3階の合宿所には1993年から1996年12月まで約3年半、住んだ。

日本語はあまりまじめに勉強しなかったけれど、ふつうに生活するには困らないくらいのボキャブラリーは身につけた。

全日本女子プロレスでの合宿所生活は、レジーねえさんをトーキョー暮らしの達人にした。六本木にハングアラウンドするようになると、いろいろな理由とさまざまなモチベーションでこの街にたどり着いたトーキョー・ガイジンの友だちができた。

全日本女子プロレスとの契約が満了になって1997年にいちどアメリカに帰ると、こんどはロッシー小川社長が新団体アルシオンの発足メンバーとしてレジーねえさんをまた日本に呼び戻してくれた。

江戸川の本部道場2回の合宿所に住みながら、ウィークデーの夜は六本木のナイトクラブのフロア・マネジャーとして働くようになった。

気がついてみると、もう10年近くトーキョー生活がつづいていた。アメリカに帰れといわれたって、もう帰るべき場所がわからない。2年まえにアルシオンの合宿所を出てからは、日本人の彼氏Kさんと暮らしはじめた。

ほんとうはアルシオンで現役生活を終わらせようと思っていたけれど、合宿所でおとなりの部屋に住んでいた門恵美子選手がリング上での事故が原因で帰らぬ人となったことがレジーねえさんにプロレスとの別れを決意させた。

プロレスはみんなを楽しませるためのものであって、悲しませるためにあるのではない。

これからどうするつもりなのか、とたずねてみたら、レジーねえさんは電話の向こう側で「これから? これから風呂に入って足の毛を剃る」と答えた。

夫Kさんはそんな妻を「なんも考えてない」と分析する。レジーねえさんは、強くて、やさしくて、涙もろい“日本の女子プロレスラー”のままリングを降りた。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス