最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

初共演の本田翼に衝撃!山田涼介「身長をイジってくる女優さん、初めてでした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全世界シリーズで累計発行部数7000万部を超える荒川弘の人気漫画を実写映画化した「鋼の錬金術師」が12月1日(金)に公開を迎える。主人公・エドを演じる山田涼介と、幼なじみ・ウィンリィ役の本田翼に、原作ファンも多い作品での実写化へのオファーを受けたときの感想や撮影裏話など聞いた。

山田:連載当初から読んでいて、子供ながらに思うこともあって。大人になって読み返しても、また違った角度から読むことができる。原作ファンも世界中にいる作品だから、正直、僕はやりたくないなっていう気持ちがあった。うれしいんですよ、もちろん。ものすごくうれしいけど、俺がやって大丈夫なのか?って。だけど、僕にオファーをいただく意味っていうのは、絶対にあると思った。いろんな役者さんがいる中で僕を選んでくれた。僕が断ったことによって、誰かにこの役が渡るのは許せなかったので、覚悟を決めました。

本田:私は原作もアニメも大好きだからこそ、お話をいただいた時、正直なところ実写化にはとまどいました…。でも監督が、最初に錬金術のシーンのデモムービーを見せてくれて、これがこのまま映画になるんだったらすごいなって思ったんです。ウィンリィっていう女の子は原作でも人気ですし、プレッシャーはあったけど、曽根(文彦)監督が『翼ちゃんの明るさがすごく合っていると思う』って言ってくださって、それがうれしかった。自分のパーソナルな部分が合うって言われたことが。なので、エドの幼なじみという設定をできるだけ生かせるように、山田くんとの関係性、二人の素な感じを出せるように意識しました。

■ 初対面のときからエドとウィンリィの関係!

今作で初共演の二人。初めて会ったときの印象は?

山田:「初めまして」は、実はプライベートで偶然、飲食店で会って。僕は一人でゲームしていて、カウンターでイヤホンして完全にシャットアウトな状況で。なのに後ろからポンって肩をたたかれて、「今度、ウィンリィやるんでよろしくね!」って。一瞬で、性格もウィンリィなんだって思いました。

本田:私は…完全に根暗な人だなって思いましたよ(笑)。

山田:そのときにちょっと話したんですけど、かなりフランクで。これまで僕のことをイジってくる女優さんっていなくて。身長をイジってくる人、初めてでした。

本田:「エドぴったりだよね、小さいしー」って言っちゃいました。

山田:それで、僕も自然と「うるせー」って言っちゃって。そういう雰囲気だったから、イタリアでの撮影で列車に何十時間も乗りっ放しだったときも、すごく自然体でいられましたね。

クランクインはイタリアの地で。歴史ある街並みが、作品の冒頭シーンから登場する。

山田:キレイだったよね~。

本田:街並みがもう、“ハガレン”の世界観だった!

山田:そこに立つだけで。僕に関しては赤マントの金髪なんで、あれを日本でやってもなじみにくいと思うんですよ。

本田:日本の街歩いてたら引く。

山田:引くなよ!(笑)。

本田:イタリアでは自然だったよ。あとすっごく楽しかった。

山田:買い物行ってたしね。僕が撮影から帰ったら、紙袋持って「買っちゃった、サンダル~」って。こっちはクタクタなのに!

本田:割と充実してました(笑)。おいしいパスタ食べてました!。

山田:でも、彼女の底抜けの明るさがあるから、疲れていても彼女がいると吹っ飛ぶというか。

本田:私、ねぎらわないからね(笑)。

山田:サイテーでしょ(笑)。でも、それがエドとウィンリィらしくて、すごく助けられました。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/129664/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス