なぜ若者は自民党に投票したのか? 現状に満足する若者、満足しない中高年


1.自民党に投票する若者たち

10月に衆院選が終わり、与党圧勝の結果に終わった。数年前から言われていることだが、若者は与党、特に自民党を支持する傾向が強まっている。中日新聞の出口調査(中部7県)の結果をみてみよう。

20代の若者のほぼ半数が自民党に投票しており、これは、どの年齢層と比べても高い割合だ。逆に、共産党や立憲民主党など、いわゆる左派、リベラルを標榜する政党に投票した人の割合は最も低い。中日新聞の調査では、60代では共産党と立憲民主党を合わせた数字が、自民党を大きく上回っているのに、20代では自民党の半分にも満たない。

若者は、政治に無関心という以上に、革新政党への支持が激減し、保守政党、とりわけ最も伝統的な自民党支持に回っているのである。与党が選挙年齢18歳への引き下げを主導したのも、この傾向を知っていたからに違いない。

2.「若者は革新」という従来の常識は通用しない。

現状に不満を感じる若者は、現行の制度の打破を主張する「革新政党」に投票し、社会的地位を築き上げている中高年は、現状維持を主張する「保守政党」を支持するというのが、一昔前の常識だった。

「投票行動研究会」の調査でも、1976年には20代の自民党支持率は18%、社会党など野党支持率は37%。一方、50代の自民党支持率は41%、野党支持率31%であった(投票行動とは違うので100%にはならない)(朝日新聞、2016年9月30日朝刊より)。

選挙外でも、1960年代末には全共闘運動など、学生を中心として反体制運動が盛り上がったのに対し、中高年はそれに対して批判的であった。1980年頃盛り上がった反核平和運動でも、いまだに若者がその活動の中心であった。

しかし、今となっては、その常識が通用しなくなっているのは、先の調査でも明らかである。前回の参議院選挙でも同じ傾向がみられたので、若者の自民党支持は、単なる一過性の現象ではなく、トレンドとなっていることがわかる。2015年に行われた安全保障関連法案に反対するデモでも、報道写真等を見る限り、高齢者が目立って多く、若者の姿をみることは希であった。

つまり、現代日本では若い人ほど保守、つまり自民党中心の政権を支持し、60代を中心とした高齢者ほど「革新」政党支持という従来の常識とは逆の現象が起きている。

では、どうしてそうなったのだろうか。

3.政治的態度の4類型

政治学では、次の政治的態度の図式がよく使われる。現状に満足か、不満かという軸、そして、将来の変化に楽観的か、悲観的かという軸で4つの類型をつくり、その類型ごとに政治的態度が決まる。順にみていこう。

(1)現状の社会に満足し将来も楽観している人々は、進歩、つまりリベラルとなる。これが、リベラルの元の意味である。現在の制度も悪くないけど、社会が発展すれば今よりも過ごしやすい社会になるはずだ。社会制度を時代に合わせて緩やかに変化させようという考え方になる。だから進歩なのである。多分、これは1990年以前の「自民党」主流派、解体した旧民主党、欧米ならアメリカの民主党や、ヨーロッパの中道左派政党がこれにあたる。

(2)現状に満足でも将来を悲観視すれば、保守となる。つまり、現状の社会制度を変えることは、社会をむしろ悪くするという考え方である。現在の社会制度を変えずに守ることが、基本的政策となる。今の自民党やアメリカの共和党主流派、そしてヨーロッパの中道右派政党がこれに当たるだろう。

(3)現状に不満であれば、今の社会制度にその原因を求めることになる。将来、今の制度に取って代わる新しい制度をつくり出すことが必要だと考えれば、それが「革新」(ラディカル)となる。旧社会党や昔の共産党などは、この立場をとっていた。だから革新政党を名乗っていたのである。2000年代初めの「自民党をぶっ壊す」といった小泉純一郎元首相の考え方は、革新的だった。もちろん、旧左翼は社会主義のユートピア、小泉元首相は新自由主義のユートピアを目指すという目標は違ったとしても、現状を打破し、未来の社会に夢を託すという意味で、ラディカルだったのだ。海外ではヨーロッパの左翼政党がこれに当たる。

(4)現状に不満、かつ将来にも理想となる社会のモデルが描けないとすると、理想の社会を過去に求めざるを得ない。過去の社会を理想として、それに戻ることを主張するのが、反動、いわゆる「右翼」と呼ばれる立場である。ただ、どの時代を理想とするかによって、その主義主張は大きく異なってしまうので、ひとくくりにすることはできない。女性に選挙権がなかった戦前の大日本帝国まで戻そうと考える人もいる。ヨーロッパやアメリカでは、グローバル化以前、外国人労働者がいなかった時代に理想を見いだす人もいる。そういう意味では、すべてを正社員にしろと主張する一見革新的な意見も、時代を戻そうとするという意味で反動に分類できるのである。

4.生活満足度が高い日本の若者

この図式をみると、日本の若者が「保守」である今の自民党を支持する理由が見えてくる。つまり、日本の若者の多くは「現状に満足」しているが、将来に悲観的、正確にいえば「将来の社会に夢をもてない」からである。

まず、現状への満足度をみてみよう。内閣府(省庁統合以前は総務省)は、ほぼ毎年、「生活満足度」を調査している。ここで16年10月のデータをみてみると、18歳から29歳までの若者の満足度が、他の世代に比べ突出して高くなっており、不満が多いのは50代を中心とした層であることがわかる。

ちなみに、1973年の調査と比べてみよう。公開データでは、男女別の数字がないが、20代の若者が最も低く、60歳以上で高くなるという傾向が分かる。

この頃は、まさに現状に不満な若者、満足している中高年という図式が成立し、若者の革新政党支持、中高年は「進歩」もしくは「保守」という図式が成立した。当時の自民党は現状の制度をよしとしながら、福祉を重視したり、中国国交回復したりと、将来に向けて進歩的な政策を行っていた。それでは不十分だと感じる勢力は、もっとラディカルに社会主義を理想としたことは周知の事実である。

5.革新や反動にいかない日本の若者

若者の生活満足度が世界的に見ても高いし、他の世代に比べても高いことが、日本の若者の右傾化や左傾化を食い止めているといってよい。

確かにネット右翼は存在するし、SEALDsのように安全保障法案に反対の若者も存在する。しかし、多くの若者は彼らの主張に耳を傾けるようには見えない。そもそも、憲法9条を守れというのは、政治的態度からいうと、現状を変えないという意味で「保守」ともいえるのだ。

これが、欧米だとそうはいかない。若年失業率が高く、若者に不満が集中する。そして過去に理想を求めれば右翼となり、移民反対やEU離脱への指示につながる。一方、グローバル化し寛容な社会に期待を寄せる若者は、反・右翼デモに集まる。失うもののない若者は、そのエネルギーや時間を社会変革に使うのである。

しかし、日本では若者のエネルギーは就職活動や長時間労働に費やされ、選挙となると現状維持を約束する自民党に投票するのだ。

では、なぜ現状に満足で将来に希望をもてない若者が増えたのだろうか? その理由は次回に考察したい。
(文=山田昌弘/中央大学文学部教授)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ