macOS「誰でも管理者権限でログインできる」バグにアップデート配信

かみあぷ速報


昨日、最新のmacOS「High Sierra」に「誰でも管理者権限でログインできる」バグが見つかったとお伝えしましたが、早速Appleより対策アップデートが配信されました。

■セキュリティーアップデートが配信


昨日見つかって騒ぎになっていたのは、macOS「High Sierra」において、アカウントを「root」に書き換えるとパスワードなしでログインが出来てしまい、管理者権限で何でも出来てしまうバグ


ひとまずの対策としては「root」アカウントにパスワードを設定するというものだったのですが、本日Appleよりこのバグに対するセキュリティーアップデートがリリースされています。


自動アップデートをオンにされている方は自動的にアップデートがされますが、アップデート文言でも「このアップデートをなるべく早くインストールしてください。」とある通り、手動設定の方は速やかにアップデートされることをオススメします。


なお今回のバグの対象は「High Sierra」のバージョン「10.13」と「10.13.1」になりますが、13.13の場合にはこのアップデートは表示されず、10.13.1のアップデートの表示となるのでご注意を。


その場合にはまず10.13.1にアップデートを実施すると、先ほどのセキュリティーアップデートが表示されます。

今回対策が実施されたバグの詳細はこちら
【対処法あり】Macの最新OSで「誰でも管理者権限でログインできる」最悪のバグが見つかる

ライターのひとこと




バグの対応はともかく、最近のAppleは修正対応が早いのがありがたいです。

当記事はかみあぷ速報の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ