慶大生6人集団レイプ事件が「不起訴」 「理由伏せる」闇対応に怒号

しらべぇ


(somkku/iStock/Thinkstock)

2016年に相次いで報じられた名門大学での性犯罪事件の数々。東京大学・大学院生による事件や、千葉大学・医学部学生の事件などでは、容疑者らに有罪判決が出された。

その中で、事件当初から「処分が甘い」とも指摘されていた慶應義塾大学生らによる事件が、またも想像を超える展開を迎えた。

■慶大生6人による準集団強姦事件


事件が起こったのは2016年9月。『ミス慶応コンテスト』の主催団体である、慶應義塾大学の広告学研究会に所属していた男子学生6名が共謀。

神奈川県葉山町にある同団体の合宿施設にて、当時18歳だった女子学生にテキーラを一気飲みさせるなどして、意識が朦朧としたところで集団で性的暴行を加えた疑いだった。

■「理由明かさず」不起訴処分へ


この事件について、大学側は被害者の女子学生が被害届を提出した同年10月に容疑者6人のうち3人を「無期限停学処分」とする対応をとっていた他、今年8月に入ってからようやく容疑者6名が書類送検されていた。

大学側の対応や事件の進捗の遅さにも度々批判の声があげられていたこの事件について、横浜地検は今月28日に「不起訴処分」とすることを発表。報道によると、不起訴の理由については「明らかにしていない」という。

■「なんで?」「ネットリンチ」怒号飛び交う


世間に衝撃を与えた名門大学のがくせいによる卑劣な性犯罪事件について、想像を超える「不起訴処分」との展開に、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では、怒号が飛び交う事態に。

・は? 何で?

・金がそんなに偉いのかよ 。もう弁護士も裁判長もいらないじゃん

・被害者はどうやって生きて行ったらいいんだ? 可哀想すぎる

・こんな時ネットリンチは正義だと思ってしまう

・は?  上級国民様は強姦しても許され、何したっていいってか?  ふざけんのも大概にしろよ

・親の力は絶大なり!  金と権力さえあれば法さえ覆せる!  胸糞ですね…

怒りのあまり「法律が裁かないのなら『ネットリンチ』をしてやれ」といった声も。被害者の負った心の傷は計り知れず、「理由を明かさない」地検の対応も非常に後味が悪い。

■「ヤリサー」経験者は身近に…?


一連の事件で存在が注目された「ヤリサー」の存在。

しらべぇ編集部が全国の20~60代の大学サークル経験者の男女391名を対象に調査したところ、「学生時代に『ヤリサー』に入っていたことがある」と回答した人は全体で8.2%という結果に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

非人道的なサークルに入った経験のある人の割合としては驚愕の数値ではないだろうか。そのようなサークルは身近に存在し、ニュースにならない卑劣な行為に加担している人が、身近に潜んでいる可能性も疑われる。

何か強い力によって、被害者の声が掻き消されたかのような結末。被害者が味わった屈辱や恐怖や痛み、癒えることのない心の傷を思うといたたまれない。

・合わせて読みたい→目の前でママが… 子連れ女性に強制わいせつ「犯人不起訴」に非難轟々

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20~60代の大学サークル経験者男女391名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ