FUJIWARA・原西のドケチぶりが明らかに!? ゲームは高く売るため「早くクリア」


11月25日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に、お笑いコンビFUJIWARA原西孝幸が登場し、「ケチ」という意外な性格が後輩芸人から暴露された。

原西「お金使うときは手が震える」


番組冒頭、キングコングの梶原雄太から「原西よ!いい加減お小遣い制をやめてくれ!」とのクレームが発表される。そして早速、原西の貧乏エピソードについて相方の藤本敏史が「何年一緒の服着てんねん、という服着てくるんですよ。Tシャツも同じの着て、擦り切れすぎて洗いすぎて、ガーゼみたいになってるんです」と暴露。原西も「洗いすぎて、Vネックが伸びすぎてYネックになってます」と実態を明かした。

奥さんから月5万円のお小遣いをもらい、それでやりくりしているという原西だが、藤本は「ゲームソフトを売って金にしてるんですよ」と仰天発言。原西も「新作だと高く売れるから、メチャメチャ早くクリアします」と話した。

ものまね芸人のやしろ優に「奥さんに対して小遣いを多くして、と言えないんですか?」と聞かれた原西は「よく考えたら俺が稼いでるんだから、『俺が好きなだけ来月使うぞ』って一回宣言して、頑張って使ったんですよ。でも、使った金額が4万8千円でした。お金使えないんですよ。もう体染みついてて、お金使うとき手震えますわ」と話す。

しかしここで梶原が原西のリアルなケチぶりを次々と暴露。「ゴルフに行ったとき、交通費は先輩が払うと思うんですけど、全く払おうとしなかったんですよ」「ホテルに泊まらず、後輩の大西ライオンの家に連泊して、3000円だけ払ってました」などと話し、原西も立つ瀬がなくなった様子。

四面楚歌な原西だったが、平成ノブシコブシの徳井健太が援護射撃。「芸人としてカッコイイですよ。僕も家族旅行の時、元ラブホテルの宿泊場所で4000円で泊まれましたから」と語ったが、今田耕司から「お前は別格や」とあきれられた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス