ブラマヨ小杉、24年ぶりに初恋相手と再会 視聴者感動も「奥さんが可哀想」の声も

しらべぇ


いくつになっても忘れられない初恋。ブラックマヨネーズ・小杉竜一(44)は、24年前、お笑い芸人を目指し「養成所に入るための費用を貯める」ため始めたバイト先で、初恋相手と出会う。

その小杉に「もしも初恋の人に再会したら気づく」かを、23日放送『ニンゲン観察! モニタリング』(TBS系)で検証。視聴者から感動の声と小杉の妻への同情の声が溢れている。

(画像はブラマヨ小杉ライブ公式Twitterからのスクリーンショット)

■気づかない小杉


初恋相手とは、クリスマスを共に過ごすなど仲は良かったものの、交際には至らなかった。養成所に入り疎遠になったが、「告白しておけばよかった」と小杉は今も後悔を口にする。

番組スタッフは3カ月かけ初恋相手を探し出し、小杉との再会を演出。彦摩呂(51)に似ている小杉が扮する「コス摩呂」のロケ中に、初恋相手は農家の娘や舞妓に扮して現れるが、流石に気がつかない。

それでも小杉に「どうしても伝えたいことがある」初恋相手は、ロケの間で待機している小杉の下へ、素顔で向かうことに。

■ついに再会を果たす


最初は誰かわからず戸惑っていた小杉だが、「こすっちょ」と当時の愛称で呼ばれて初恋相手に気づく。24年の溝を埋めるかのように、思い出話に花が咲く2人。

食事を約束したが、仕事が忙しくなった小杉がドタキャン。それを最後に2人の仲は終わった。当時、渡すはずだった「感謝の手紙」を24年越しに用意した初恋相手はその手紙を読み上げる。

「いつも、こすっちょのやさしさに救われていた。今は大好きな夫や家族に囲まれ幸せに暮らしている。私の人生にこすっちょがいて良かった」

聞き終え、番組がネタバラシをすると、小杉は「むちゃくちゃ引っかかってる。あの頃に戻るね、恥ずかしい」とはにかんだ表情をのぞかせた。

■感動と同情の声


初恋相手は「つらい失恋を経験し、落ち込んだ時期に現れて支えてくれた。元気になって『1人で大丈夫』になった時にいなくなった、私の人生で一番大切な人」と小杉を評した。

お互いを想い合う姿にスタジオの共演者たちは感動。視聴者も同じ気持ちになったようだ。









しかし、あまりにも甘酸っぱい2人の姿に、小杉の妻への同情の声も多く見受けられた。






■男性は「初恋を忘れられない」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,342名の「初恋の人」について調査、「忘れられない」と答えたのは全体の21.5%となった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

女性より男性の方が「初恋を忘れらない」傾向にあるが、特に40代以上はそれが顕著となっている。

小杉の初恋相手との再会を見て、「俺も会いたい」と考えた男性も多いだろう。ただ、時が経つにつれ、思い出は美化されがちだ。思い出は思い出のままにしておくほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→初恋の人が忘れられない! 再会して起きた「いいこと」「悪いこと」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」

調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代男女1,342名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ