最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

パパ必読!話題のSTEM教育を体験できる『Science Fair 2017』に潜入してきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 『STEM教育』について、どれだけ知っていますか?
  • 今回は、STEM教育がテーマの子供向けイベント『Science Fair 2017』に潜入してきた
  • イベントに参加してみて分かった、STEM教育の最初のステップとは?




日本ではまだあまり知られていないSTEM教育を知っていくための本シリーズ。今回は、STEM教育を体験できる「Science Fair 2017」に参加してきたので、その様子をリポートする。

そもそもScience Fairって?


11月11日(土)と12日(日)、ロボティクス、プログラミング、VR、科学反応、磁石などをテーマに、STEMに関する様々な体験型ワークショップや展示会を行うScience Fairが、東京・白金台で開催された。当日は、イベント開始時間の10時にはすでに入口に親子連れが集まり、このイベントの注目度の高さを感じさせた。

会場では、テクノロジー、宇宙/物理、科学、数学など、STEMが横断する様々なジャンルの展示ブースを設置。3Dプリンターやドローンなどのハイテク機材もあり、科学の楽しさを存分に味わえるイベントとなっていた。

まずは、テクノロジーがテーマのテックルームへ。ハイテクなガジェットを前に、子供たちは好奇心旺盛な瞳で展示に見入っていた。

コントローラーを使ってロボットアームを動かす


今、話題のVRを使ってお医者さん体験ができる展示もあった


ドローンの実演飛行が見られるブースもあり、とにかくハイテクガジェットがいっぱい

最新のテクノロジーを見たあとは、生物学と科学がテーマのバイオルームを訪れた。ここでは、顕微鏡で微生物を覗いたり、野菜のDNAを自分で取り出したりと、普段は見ることがない生物の細部について知れるブースが設けられ、生物学者になったかのような気分を味わえるワークショップも開催。生物好きな子供たちで賑わった。

DNAが取り出されていく過程に、親子で興味津々


DNAの取り出し作業に夢中になる子供たち。野菜のDNAを取り出すなんて、初の体験になったのではないだろうか

化学がテーマのサイエンスルームでは、BZ反応を使った、液体の色がどんどん変わっていく化学ショーや、折り紙を壁につけて自分だけの星座を作れる、プログラミングとアートが融合したインタラクティブなプロジェクションマッピングの展示が。

化学ショーに夢中の子供たち


このプロジェクションマッピングは、折り紙を壁に配置すると自動で光を照射。さらに、折り紙同士が線で結ばれるようプログラムされており、星座ができあがるという仕組み


この展示を行っていたのは様々な大学からサイエンス好きな学生が集まってできたというサークル「Reflect Initial」のメンバー。アートとプログラミングを駆使した、STEMならではの展示でイベントを盛り上げた

紹介したほかにも、期間中は実にさまざまな展示が催されていた。ジャンルは多岐にわたるが、どのブースにも共通していたのは、“ワクワク感”。科学の難解さではなく、あくまで楽しさを前面に押し出した展示は、子供たちを驚かせたり笑わせたりしていた。

STEM教育を学ぶ在校生たちによる発表会も開催


当日は、イベントの舞台となった日本で唯一、STEM教育を行うローラス インターナショナルスクール オブ サイエンスに通う在校生によるプロジェクトの発表会も行われていた。研究内容をまとめたパネルが展示されていたのだが、その内容は「地震に強い建物を作るためには?」や、「遠くまで飛ばせるカタパルト(投石機)の作り方」など。どれも子供たちが自分でテーマを決め、自らで実験し、研究したと言うのだから驚きだ。

地震に強い建物とは?をテーマに在校生たちが作ったビルの模型も


こちらは、遠くへ飛ばせるカタパルト(投石機)をテーマにした研究発表

自分たちで考え、研究する。そのプロセスはどうやってできあがったのか。その理由について、実際にローラスで科学を教えているサイエンスティーチャーのDavidに聞いてみた。

イベントでも科学に関する展示を行っていたサイエンスティーチャーのDavid

「子供は本当に好奇心が旺盛なんだ。この前も、ある研究テーマをみんなで考えていたら、勝手に違うテーマを見つけて、そっちにのめり込んで行ったりする。面白い!と思えば、自分でどんどん先に進んでいくことができる。この研究プロジェクトも、その好奇心で進んだ結果、ここにたどり着いたんだ。ここ(ローラス)では、子供の自主性を育てていく。今回のScience Fairが、子供に科学の楽しさを知ってもらうキッカケになればいいと思ってるよ」

Science Fairに参加してみて感じたこと


STEM教育では、まず課題を与え、それを積極的に解決しようとする中で子供たちの自主性や問題解決能力を育んでいく。そこでまず最初のステップとなるのは、「なんで?」だ。科学の面白さ、楽しさを伝えるべく行われた今回のScience Fairで、子供たちは科学の楽しさを体感すると同時に、「どうしてこうなるんだろう?」という疑問も感じたはず。その疑問を解決しようと試行錯誤していく先に、STEM教育が掲げる「問題解決型」の人材が誕生するのではないだろうか。科学=楽しい!だけではなく、同時に感じる疑問を解決しようとしていくことが、STEM教育の真髄であることを含ませていた今回のScience Fair。単なるサイエンスイベントではなく、あくまでSTEM教育の第一のステップとしてのイベント。イベント全体を通じて、そんな印象を受けた。

共有:



関連記事 子供が新時代を生き抜くカギとなる、世界が注目のSTEM教育とは?

子供が新時代を生き抜くカギとなる、世界が注目のSTEM教育とは?


2017.10.20 10:07

一味違う、使える大人のビニール傘【ファッション連載 Vol.1】

一味違う、使える大人のビニール傘【ファッション連載 Vol.1】


2017.7.14 10:07

【ドローンキーパーソンインタビューVol.2前編】 IoT×映像=ドローン!?トライポッドワークス佐々木社長のチャレンジ

【ドローンキーパーソンインタビューVol.2前編】 IoT×映像=ドローン!?ト...


2016.8.29 12:05


Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス