最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ロバート秋山竜次、報道陣からの謎質問に困惑 香取慎吾が無言のプレッシャーかける<GQ MEN OF THE YEAR 2017>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【GQ MEN OF THE YEAR 2017/モデルプレス=11月22日】今年最も輝いた男性に贈る「GQ MEN OF THE YEAR 2017」受賞記者会見が22日、東京・アメリカンクラブで行われ、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が受賞した。この日秋山は、報道陣から受けた質問に困惑する一幕があった。

◆秋山、報道陣からの謎質問に困り果て香取慎吾の対応を利用



この日は香取慎吾、草なぎ剛稲垣吾郎、斎藤工、長谷川博己といった名立たるイケメンがイベントに登場。

イベント最後には、受賞者に対して報道陣からの質問があり、唯一秋山にだけ行われた質問として「周りがイケメンなんですけどそこに並べられてのご感想」という質問がぶつけられた。

秋山は突然の質問に「いやっそうですね…僕もイケメンなんだなと思います」と、とりあえず返答。しかし、回答に悩んでいた際に香取が秋山に無言のプレッシャーを与えており「怖いですよ、香取さん」と冷たい視線を送っていた香取に“助け”を求めた。

死んだ目をして秋山を見つめていた香取に「毎回うけろよ(笑いをとれよ)みたいなプレッシャーがくるんですよ」とし、「ちょっと俺がしゃべって失敗すると『お前やったな…』とちらっとこっちみて、香取さんの視線感じるんですチクチクチクチク」と香取の対応を利用しながらその場を乗り切り、香取も思わず笑いをこらえきれなくなる場面も。

動揺しっぱなしだった秋山は自身を「誰がどう見ても世界一のアジア顔」とうまくしめくくったが、秋山がなぜ選ばれてしまったのかという主旨の謎の質問には改めて「申し訳なく思ってますよ!申し訳ないです」と平謝りし、かわいそうな雰囲気も漂っていた。

◆今年圧倒的な活躍を見せた男性が受賞



男性誌「GQ JAPAN」が開催する、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られる同賞。

秋山による様々なクリエーターの真似をする企画“クリエーターズファイル”の人気が爆発し、コメディアン部門では文句無しの受賞となった。

秋山は「どうも本日はこのような賞をいただきありがとうございます。【ロバート】というクリエイティブおもしろコント集団に属しております」と丁寧に挨拶。

これまで様々な芸人が受賞していることから「こういうの気になってたんです、あいついただいたんだ…とか意識はしてました。とうとう(GQが)やってくれました」と満面の笑顔。

例年受賞者がクールに撮影されることでお馴染みの、自身の誌面でのビジュアルについて「鷹の使い」と表現。受賞については「男に生まれたことに感謝。男に産み分けてくれた両親に感謝。タイミング悪かったら男じゃなかったのかなと。(トロフィーは)テレビの上に置きます」と話し、終始笑いを誘っていた。

◆GQ MEN OF THE YEARとは…



「GQ MEN OF THE YEAR」は、男性誌「GQ JAPAN」が開催する各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られるもので、1994年にアメリカでスタート以来、世界14か国で展開するインターナショナルなアワード。日本での開催は今年が12回目となり、昨年は俳優の菅田将暉らが受賞した。

今年はほかに、草なぎ剛、稲垣吾郎、俳優の斎藤工、長谷川博己、ミュージシャンの野田洋次郎、棋士の佐藤天彦、レーシングドライバーの佐藤琢磨が受賞した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス