最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ガリガリ君の新作「レモンティー」美味しく「飲む」濃度も検証してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月21日に赤城乳業から新商品『ガリガリ君 レモンティー』(70円・税別)が全国で発売された。

一体どんな味なのか? しらべぇ取材班は、早速購入して確かめることにした。

■赤城乳業が得意な飲料系フレーバー!


ガリガリ君といえば、過去に「ナポリタン味」や「コーンスープ味」と、さまざまな変わり種フレーバーを発売し話題になったが、やはり鉄板はソーダ味だろう。

今回新発売された「レモンティー」は、ソーダ味と同じ飲料系フレーバー。「コーラ」や「はちみつレモンスカッシュ」などもあっただけに、きっと間違いない味!

(©ニュースサイトしらべぇ)

パッケージにはレモンティーを持ったガリガリ君のキャラクターが描かれている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

裏面の栄養成分表示を見ると、56kcalとなっており、これは定番の「ソーダ味」69kcalと比べても低い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

袋から取り出してみると、「70円でこのサイズ!」と改めてそのコスパの高さに感心してしまうほどの大きさ!

ほのかに、みずみずしく爽やかなレモンの香りが漂う。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一口食べてみると、ガリガリとしたいつもの食感と共に甘いレモンティーの味が口の中に広がり、さっぱり爽やか。

冬に食べるアイスとなれば、ついつい濃厚系アイスを選択しがちの記者だが、乾燥する季節にはこれもありかも。

■レモンティーとしても優秀


実はこの『ガリガリ君 レモンティー』。イタリア産レモン果汁とスリランカ産ウバ茶の紅茶エキスを使用しているという。

そして、ガリガリ君といえば、溶かしたり、削ったりしたくなる人も少なくない。紅茶の味にも、こだわっているもようの『ガリガリ君 レモンティー』。

せっかくなので、溶かしてシンプルに「アイスレモンティー」として飲んでみた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

参考のために買って来た、市販のパック入りレモンティー(写真右)と比べるてみると、『ガリガリ君 レモンティー』(写真左)は少し色が濃い程度で、ほとんど見分けがつかない。

比べてみると、味はガリガリ君のほうが甘く、少し濃い目。そこで、記者が水を入れて、ほどよい濃度を検証してみたところ、ガリガリ君1本に対して50ccの水を入れると、レモンティーとしてもちょうど良い濃さになった。

液体になってしまえば、電子レンジなどで温めることも可能なわけで、これをさらに温めて「ホットレモンティー」にすることも、できなくはない。

アイスとしてもちろん美味しい『ガリガリ君 レモンティー』。人によっては、寒い冬を乗り越えるため、あえてガリガリ君でカラダを温める――といったチャンレンジをする人が、出てくるかも!?

・合わせて読みたい→冬にぴったりなアイスかも? 『ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味』が登場

(文/しらべぇ編集部・ふふふふ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス