最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

強い絆で結ばれた二人が福田雄一演出作品でW主演! ~『ブロードウェイと銃弾』浦井健治×城田優インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同名の名作映画をウディ・アレン監督が自ら舞台化し、日本版演出を福田雄一が手がけるミュージカル、『ブロードウェイと銃弾』。物語の舞台は1920年代、禁酒法時代のニューヨーク。劇作家のデビッドは、念願叶ってブロードウェイの舞台に自分の戯曲をかけられることになったのだが、出資者であるギャングの親玉ニックが自分の愛人オリーブを主役に据えろと言ってきた上に、部下のチーチを監視役として送り込んできて……? デビッド役とチーチ役としてW主演を果たす、浦井健治と城田優による取材会の模様をレポート!

「二人の友情物語を、優となら自然体で演じられそう」(浦井)


――『エリザベート』(2010)、『ロミオ&ジュリエット』(2011)以来の共演ということで、当時のお互いの印象や思い出深いエピソードなどお聞かせいただければと思います。

浦井 僕はまず『ロミジュリ』で、育(山崎育三郎)と優のロミオを親友役としてずーっと見ていて、二人が座長としてどんどん成長していったのが印象深いですね。最高のチームワークと絆の中で、優と目で芝居ができるところまで持っていけたのは大きかったなと思います。

城田 健ちゃん(浦井)はプリンシパルの中で唯一シングルキャストだったんですけど、まあ抜群の安定感で公演を引っ張っていってくれました。それに言ってくれた通り、目を見るだけで自ずと感情が湧き上がってくるみたいな、そういう関係性が築けた『ロミジュリ』は僕にとっても大きいですね。『エリザベート』の時はあんまり稽古ができなかったから。

浦井 そうそう、ルドルフ役が僕を含めて3人いたからね。でもこの間、≪闇が広がる≫を二人で歌ったあとにすごい長い時間拍手が鳴りやまなかった、っていう話を優がしてくれて。

城田 二人の千穐楽の時ね。2010年10月28日。

浦井 詳しいね(笑)! あれほど長い“ショーストップ”は体験したことがない、生涯忘れないって言ってくれたのがすごくうれしかったです。

城田 本当に、めちゃくちゃ長かったんですよ。体感も長かったし、あとで音源で聴いても20秒くらい続いてた。今までどんなすごい舞台でどんなすごい方と歌った時もこれほど長かったことはなくて、だから城田優の拍手の最長記録の相手は浦井健治なんです(笑)。

浦井 アハハハ!ありがとうございます。でも今のエピソードからも分かる通り、優は毎回の舞台を録音してるぐらい自分に厳しいんですよ。お客さんに楽しんでもらうためには何が必要か、いつもシビアに考えている。なのに現場ではいつも笑ってて、舞台袖ではみんなの緊張をほぐそうとして、例えば≪ミルク≫のシーンで誰も見てないのに一人一人にミルクを注いだりもしていて。

城田 よく覚えてるね(笑)。まあ本当は、俺がいちばん緊張してるんだけど!

浦井 優が現場にいると華やかになるし、愛されキャラだなっていうのを感じています。


――ではお互いの、舞台を離れた素の部分の魅力についてはいかがですか?

浦井 “城田優”と言ったら、要は国民的スターなんですよ。

城田 いやいやなんでやねん(笑)。どこがやねん!

浦井 だって、街を歩いてたりしたらみんながキャー!ってなるくらい、誰しもが知ってるでしょ。なんだけど、実はすごく繊細で、心を開いた相手にはちょっと弱音も見せてくれるっていう愛らしい部分があって。ギャップ萌えというか、萌えの天才児だなと思いますね。

城田 なんか、持ち上げ合いが気持ち悪くてしょうがないんだけど(笑)。

浦井 ね。どうしようかこれ(笑)。

城田 いやでもまあ、次は私の番ですから(笑)。浦井健治というのは基本的にハッピーで、「浦井健治といえば?」って聞いたら多分みんなが「ハハハハ!ってイメージ」って答えるくらい、いつも笑ってるんですね。ただ、何も考えていなさそうでやっぱりしっかり考えていて。

浦井 あっ、ありがとうございます。ありがとうございます。

城田 このフワフワしてるキャラクターが、僕みたいな年下からも、ファンの方たちからも慕われている理由だと思います。……褒め過ぎると気持ち悪いのでこれくらいにしておきます(笑)。ふ~っ!

――そんなお二人の久々の共演は、福田雄一さん演出のコメディ作品となります。

浦井 コメディですからね。男同士のキスとかそういうことじゃない(笑)。

城田 そうそう、キスはしないので安心してください(笑)。『ロミジュリ』から6年間、僕も健ちゃんも色々な仕事をしてきているので、どんな化学反応になるのか楽しみですね。

浦井 それに、優は役者としてどんどん幅を広げているだけじゃなく、『アップル・ツリー』では演出も経験している。そんな二人で福田組でやれるというのが僕も本当に楽しみです。

城田 福田さんの舞台ってやったことある?

浦井 あるよ、カッキー(柿澤勇人)と(『タイトル・オブ・ショウ』)。

城田 あ、そうだよね。どんな感じなの?

浦井 稽古場はものすごく、遊びに行ってる感覚になる(笑)。とにかく笑いが絶えなくて、稽古時間の、もしかすると半分くらいが雑談(笑)。ただ気をつけなきゃいけないのが、本番の10日前を切ったくらいからかな、急に全部にダメ出しを始めます。それまでは“泳がせる”っていうのが、福田さんのやり方なんじゃないかな。

城田 へ~! 僕は福田さんとは、映像ではご一緒してるんですけど、舞台では初めてで。でも念願叶っての出演ですし、信頼関係はもうできていると思うので、あとは乗っかるだけかなと思いますね。心配性なもので、急に始まるダメ出しだけは恐ろしいですけど(笑)、楽しみです。


――その“泳がされている”間、福田さんが作り出す空気に乗せられて、役者の皆さんが自然と面白い演技を繰り出してしまうという話をよく聞きますが…?

浦井 『タイトル・オブ・ショウ』の時は、稽古期間が短かったこともあって、僕のほうから何かを、っていうことはなかったんですけど、佐藤仁美姉は、ぶっ込んでました(笑)。

城田 今回は、健ちゃんもぶっ込むことになるんじゃない? 僕も多分、やりますね。というのは、福田さんは映像でもそれを求めるんですよ。特にオリジナル作品の時なんて、面白ければ台本通りじゃなくて全然いいってスタンスだから、テストでアドリブを入れると「それ絶対本番もやって」とか、やり過ぎて「本番の鮮度が落ちるから抑えて」とかもあった(笑)。

浦井 アハハハハハハ!

城田 今回の舞台は元の脚本があるので、そこまで自由にはできないでしょうけど、少なくとも本番10日前までは色々試したいですね。ただもちろん、あくまで役として、ですよ。デビッドとチーチのやり取りが面白くなればと思っているだけで、自己満足の笑いはやりたくないですから。

浦井 稽古場で優がチーチとして何かを仕掛けてきたら、僕もデビッドとして返したい気持ちを持っています。

――浦井さん演じるデビッドと城田さん演じるチーチは、敵対する間柄だそうですね。

浦井 そうですね、最初はバチバチだと思います。でも実は、一緒にエンターテインメントを立ち上げる中で絆が生まれていく、という友情物語でもあるんですよ。

城田 そうなんだよね、敵対しているのはアタマだけ。最初は用心棒として現場にいたチーチが、だんだん芝居にのめり込んでいってデビッドと共同作業をするみたいなことになっていく、そこの変化がシュールで面白いなと思います。

浦井 二人の関係性の変化を、優とだったら自然体で演じられそう。福田さんも、それを狙ってのキャスティングなんじゃないかなと思ったりしています。優は僕のことを、年は上だけど同世代だと思ってくれているし、どこかちょっと「笑えるなコイツ」とも思ってくれているのを感じるから(笑)、そういう関係性が自然と出てくるんじゃないかなって。

城田 確かに、初めましての二人が演じるのとは違ってくるだろうね。役としては、チーチのほうが遊びどころというか振り幅があるので、僕は自由にやらせていただこうかなと。浦井さんには、芯をしっかりやっていただきたいと思ってます!

浦井 怖いな(笑)。でもチーチとか(平野)綾ちゃんが演じるオリーブとか、突飛な人たちの中でデビッドが振り回されるみたいな構図にはなると思うので……「どうしよう~」ってオドオドしてればいいのかな(笑)。

城田 色んな人に翻弄されて、真ん中にいるんだけどグニャグニするのがデビッドなんだよね。周りが遊んでる中で芯を持ち続けるのは難しいことだけど、浦井健治はそれができる役者だと僕は思います。だからこれ、W主演ですけど、本当の主人公は浦井健治なんですよ。僕はその周りで好き勝手やらせてもらうだけなんで(笑)。

浦井 だから主演なんだよ(笑)。デビッドはチーチに振り回されることで成り立つんだから。

城田 あ、そういう意味では僕も主演ということでOK?

浦井 そうです(笑)!


「今回はとにかく、浦井健治について行きます!」(城田)


――原作映画をご覧になった感想をお聞かせください。

浦井 ものづくりを題材にした作品って、自分もそういう現場にいる身としてはヒリヒリする部分も結構あって。デビッドは脚本家で演出家ということで、福田さん自身と同じなんですよね。もしかしたらデビッドには、今のように“コメディといえば福田さん”って時代になる前の福田さんと重なるところがあるのかなと思います。そういう意味では、福田さんがこの作品を演出することは、ものづくりへのオマージュなのかなと思ったりしながら観てました。

城田 まあ~とにかく一人一人のキャラクターが濃いなと(笑)。“キャラクターが濃い”って月並みの言葉ですけど、本っ当に濃いんですよ。過食症でずっと食べてるヤツとか、とにかくずっとキーキー言ってるヤツとか、常に動物連れてるヤツとか(笑)。

浦井 フハハハハハハ!

城田 それくらい非常にエンターテインメント要素が強い作品なのに、脚本がすごくしっかりしてて、最終的には伏線が全部回収される。その繋がり方が軽快かつ斬新で、20年以上前の映画なのに、全然そんな感じがしないんですよね。

浦井 うんうん。

城田 この舞台版を日本で上演するなら、福田さんがいちばん面白く演出できるだろうなと僕も思いました。今回に関してはワケの分からない面白さじゃなくて(笑)、キャラクターに沿った面白さを作ってくれるんじゃないかな。


――特に共感した“ものづくりあるある”というと……?

浦井 現場での意見交換って、結構それぞれが身勝手だったりするんですよね(笑)。思ったことを言わないっていうチョイスもあるけど、この作品の場合はみんなが全部言うっていうチョイスだから……「僕もそれ、言わないけど思ったことはある」っていうのはあるかもしれないです(笑)。役者にとっては、ちょっとドキっとするところのある作品ですね。

城田 俺は結構、思ったら言うタイプだけどね。もちろん作品とか自分の立ち位置にもよるし、演出家の許可をいただいた上で言ってますけど、作品をより良くするための意見なら言っていいんじゃないかなと思ってて。だから言ってみれば、僕はそのまんまチーチなんですよ。

浦井 “そのまんまチーチ”ってなんか面白い(笑)。

城田 どうも、そのまんまチーチです!

浦井 ハハハハハハ!

城田 この作品は、僕みたいな面倒くさい人の集まり(笑)。意見のキャッチボールが全然うまくいかなくて、球を捕ったと思ったら落ちるし全然違うとこ飛んでくし、なんなら途中から球が替わっちゃってるし、みたいなお話です(笑)。

――そんな濃厚キャラに扮する皆さんの印象を、まずは女性陣からお聞かせいただけますか?

浦井 僕ね、(前田)美波里さんとキスシーンがあるんですよ。僕はまだ、役名の“ヘレンと”じゃなく、“美波里さんと”キスをするんだ、っていうところで固まってます(笑)。

城田 面白いね(笑)。

浦井 あゆっち(愛加あゆ)とは、『王家の紋章』でも共演していたので、信頼関係が既にありますね。平野綾さんとは初めましてなんですけど、共通の知り合いが多いから全くそんな気がしなくて。この間、観劇のあとでご挨拶に来てくださった時に、外から聞こえる「失礼します」って声が可愛らしいから子役の子かなと思ったんです。そうしたら綾ちゃんで、「うわ、すいません!」って(笑)。色んな声の表情を持った、不思議な魅力のある方ですね。(保坂)知寿さんは、ずっとミュージカル界の第一線を走り続けている方なので、ご一緒できるのがすごくうれしいです。


城田 僕は女性陣、皆さんと初めましてなんですよ。美波里さんは、とにかくすごい大先輩。ヘレンはデビッドと同じく芯になる役なので、そこも楽しみですし、健ちゃんとのキスシーンも楽しみです(笑)。知寿さんは、この間『ヤングフランケンシュタイン』を観た時、とても失礼な言い方ですけど「すごい上手だな!」と。特に笑いの取り方が本当にお上手なので、頼もしいなと思いました。あゆちゃんは共演するっていう意識で観たことがないから、未知数な楽しみがありますね。綾ちゃんは、キャラクターを作るのが上手だし、彼女もコメディのセンスがすごくあると思います。オリーブって映画で観るとかなりムカつく役なんですけど、綾ちゃんはそういうの思いっきり演じるでしょうね(笑)。

――では、男性陣は?

浦井 ブラザートムさんは初めましてなんですけど、ものすごく大きな存在感とか、独特の言い回しやリズム感っていうのはトムさんにしか出せないものだと思います。(鈴木)壮麻さんは、『エリザベート』で父親役だったということで、僕の中では“パパ”という感じが強くて。今回演じられるワーナーは過食症の役ということで、パパ、悪玉コレステロールとか大丈夫かな?みたいな、心配する感じで攻めていこうかなと思います(笑)。

城田 僕はトムさんとは、ポスター撮影の時に少しだけお話したんですけど、自分より大きい人になかなか出会わないみたいで、「デカいねー!」と言っていただきました(笑)。健ちゃんも言った通り、存在感が圧倒的なので、どんなボスになってくれるのか楽しみですね。壮麻さんは、ご一緒するのは初めてなんですけど、すごく面白くて不思議な空気を持っている方で、真面目な役をちゃんとできるのはもちろん、変な役はとことんふざけてできる方なので(笑)、今回の役にぴったりだと思います。考えてみたら今回、初めましての人ばっかりですね。浦井健治以外、全員初めまして。

浦井 そうなんだ! なんかすごいね。

城田 うん。でも皆さん本当に個性的で、このコメディをやるのに非常にふさわしい方々が揃ったなと思います。


――最後に改めて、ひとことずつ意気込みをお願いします。

城田 僕はとにかく、今回は浦井健治を信頼してついて行こうと思っているので(笑)。『エリザベート』『ロミジュリ』の時は自分が引っ張っていくという気持ちでしたけど、今回は健ちゃんに任せて、僕は一歩引いたところで楽しみたいと思います。僕は舞台に立つことに対して、実はプレッシャーや苦手意識が強いので、福田さんと一緒にやることで新しい楽しみ方を見つけたいですね。その相手役が、信頼している浦井健治で本当に良かったと思ってます。

浦井 うわあ! うれしい。

城田 頑張りますので、ぜひ観に来てください! じゃあ健ちゃん、シメを(笑)。

浦井 僕は、優が言ったようにみんなが楽しめるカンパニーになると信じてますし、福田さんもそれを望んでいると思います。その中で、デビッドとチーチの友情をひとつの柱として立ち上げられるように、デビッドという存在を持ち上げていけたらと。そして何よりも、エンタメに関わる人間として、舞台やミュージカルに対する愛というものをみんなで分かち合いながら、お客様に楽しんでいただけるところまで福田ワールドを持っていきたい。2月の公演ということで、新年明けてからちょっと経っちゃってますけど、皆さんにはぜひお酒をひっかけてから来るくらい(笑)、お祭り気分で盛り上がっていただきたいですね。みんなで団結して、笑いがたくさんあるコメディを作っていきますので、お客様にも思いっきり楽しんでいただけたらと思います!


取材・文=町田麻子  撮影=荒川潤
ヘアメイク=山下由花(浦井)、中込奈々(城田)  スタイリング=壽村太一(浦井)、黒田領(城田)
公演情報 日生劇場 ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

■脚本:ウディ・アレン
■オリジナル振付:スーザン・ストローマン
■演出:福田雄一
■原作:ウディ・アレン、ダグラス・マクグラス(映画「ブロードウェイと銃弾」より)
■出演:浦井健治、城田優、平野綾、保坂知寿、愛加あゆ、ブラザートム、鈴木壮麻、前田美波里ほか
■日程・会場:

【東京公演】
 日時:2018年2月7日(水)~28日(水)
 会場:日生劇場

【大阪公演】
 日時:2018年3月5日(月)~20日(火)
 会場:梅田芸術劇場メインホール

【福岡公演】
 日時:2018年3月24日(土)~4月1日(日)
 会場:博多座

■製作:東宝/ワタナベエンターテインメント
■公式サイト:http://www.tohostage.com/bullets/​

【e+座席選択先着先行 2017/11/23(木)18:00まで】

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス